« 魂をはこぶ船 | トップページ | 春の絵本 »

2004.02.27

時計を忘れて森へいこう

『時計を忘れて森へいこう』 光原百合作 東京創元社

 高校生の若杉翠は、校外学習で出かけた森で時計を落としたことをきっかけに、シーク教会の自然解説指導員(レンジャー)、深森護と出会う。森を守り、森林の声を代弁するというレンジャーたちやシーク協会の活動、そしてなによりも護に、翠は惹かれて協会に通うようになる。そこに起きた悲しい出来事を、護は「事実」をつなぎあわせ、ひとつの物語として紡ぎだす。森林浴をした気分になれる1冊。

 シーク協会のモデルは清里の財団法人キープ協会である。清里へは1度しかも1泊だけ行ったことがあるが、このようなプログラムがあることを知らなかった。
 ガールスカウト活動に関わって、一度里山保全のワークキャンプにも参加した。世界中から若者たちが集まり、森を守るために作業をしている姿を見て、感動した。木にかこまれていると、確かに何かを感じることができる。そんな気持ちを思い出させてくれる本だった。

 ミステリ部分の事件は、痛ましいものではあるが、解決には護の言葉が救いとなる。

「そうそう。同じものをみても、見る人によって世界はまったく違った姿に映る、それはどうしようもないことかもしれません。自分の見方を押しつけるのはおこがましいことだともわかっているつもりです。それでもなお、人を不幸にする見方と幸福にする見方があるのに不幸にする見方しか気づかない人がいたら、もう一方の存在だけでも教えるべきじゃないかって気がするんです。そのあとどちらを選ぶかはその人の意思ですけどね。」(46ページ)
 そう、この言葉にあるように、ひとつのことにもいろいろな見方がある。人生は1度しか生きられないけれど、本を読むとたくさんの見方や生き方を知ることができる。だからわたしは本を読むのだと思う。

|

« 魂をはこぶ船 | トップページ | 春の絵本 »

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時計を忘れて森へいこう:

« 魂をはこぶ船 | トップページ | 春の絵本 »