« 時計を忘れて森へいこう | トップページ | リンク・リンク »

2004.03.01

春の絵本

『草花とともだち――みつける・たべる・あそぶ―― 』
松岡達英/構成 下田智美/絵と文 偕成社

 春でーす。草や花が咲きだして、うきうきしてきますね。絵も美しくて、図鑑としても重宝しそうな絵本です。まず目につくのは黄色い花、たんぽぽ、ハハコグサ、カタバミなどなど。白い花の代表はシロツメクサ。シロバナタンポポを、こちらに引っ越してきてはじめてみてびっくりしたのですが、西日本ではふつうだったのですね。 青い花は、オオイヌノフグリなど、紫の花はスミレ、カキドオシなど。
 遊びかたや食べ方まで載っていて、春を満喫できます。
 

|

« 時計を忘れて森へいこう | トップページ | リンク・リンク »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の絵本:

« 時計を忘れて森へいこう | トップページ | リンク・リンク »