« リンク・リンク | トップページ | 今読んでいる本 »

2004.03.03

料理で読むミステリー

『料理で読むミステリー』(貝谷郁子/NHK出版)

 料理からみた、海外ミステリガイド。ミステリーを読んでいると、でてくるお料理はすごく気になる。取り上げられている作品も、ミス・マープルからケイ・スカーペッタ、ステファニー・プラムなど、バラエティに富んでいて楽しい。レシピもついていておいしい本でした。

 海外ミステリにでてくる料理だと、すぐには味が想像できないものもある。その点国産ミステリは、すぐに作れそう。おいしそうな料理がでてくるのは若竹七海の作品。昔読んで気になっているのが、『閉ざされた夏』(若竹七海)にでてくるコロッケなのだ。たしか一口大でお芋をいっぱい使っていた。わたしの母は、家でコロッケを作ったことがなかったので、コロッケは買うものだと思っていた。学生時代、下宿していた友達が、お弁当にたくさんコロッケを作ってきてくれて、びっくりした。結婚して自分で料理をするようになって、この本を読み、初めてコロッケを作ってみたのだが、うーん、いまいち。何度か挑戦したけど、あんまりおいしくない。もともと揚げ物はうまくいかないのだけど……。

|

« リンク・リンク | トップページ | 今読んでいる本 »

一般書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理で読むミステリー:

« リンク・リンク | トップページ | 今読んでいる本 »