« 異界との境界線 | トップページ | 予言の力 »

2004.04.28

ファンタジーの源

 『ニコルの塔』(小森香折作 こみねゆら絵 BL出版)を読了。寄宿学校で毎日刺繍をする生活に、疑問をもった女の子の物語。不思議な雰囲気と挿絵がぴったりとあっている。現実世界と異世界は、いつもつながっているからこそ、ファンタジーは成り立つのだなあと思った。

 Remedios Varo の自伝的3部作を見てつむぎだされた物語だと言う。もとになった"Towards The Tower"(『塔へ向かう』)、"Embroidering Earth's Mantle"(『地球のマントに刺繍して』)、"The Escape"(『逃亡』)をぜひともみてたいと思って探してみたら、ここでポスターをみることができた。どれも幻想的な雰囲気の絵ですてきだ。作者が物語りを書きたくなる気持ちがよくわかった。実物をいつか見てみたいなぁ。このサイトではFrida Kahloの絵もみることができて大満足。

|

« 異界との境界線 | トップページ | 予言の力 »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/505098

この記事へのトラックバック一覧です: ファンタジーの源:

» 小森香折「ニコルの塔」 [山の奥にも風は吹く]
小森香折さんの代表作「ニコルの塔」の感想を色々と探してみました。一番肝心の子供の感想は見つかりませんでしたが、たくさんの感想を見つけることができて嬉しかったです... [続きを読む]

受信: 2004.05.10 21:58

« 異界との境界線 | トップページ | 予言の力 »