« 透明人間 | トップページ | アーモンド »

2004.05.17

読む楽しみ

 教えていただいた雑誌、「GRAFICATION」の5月号が届いた。表紙はささめやゆきさん。すてきだな。『幻燈サーカス』をまた読み直す。この絵本の絵は「ガラス絵」という画法で描かれている。紙の質から、装丁、カバーや帯にいたるまで、すべてに心がこめられていて、とても豪華な絵本だ。本を創るということに触れさせてもらった思い出の1冊。おすすめです。

 「GRAFICATION」の特集は「教育の再定義」。『ここは魔法少年育成センター』を読み、『グリフィンの年』にも通じるところがあるなぁと思っていたところだったので、いろいろと考えながら読んだ。グラビアは壮大な「ユーコン」。5月13日に書いたとおり、バックのことを思い出したところだったので、どきりとする。壮大なユーコン川の風景をみていると、小さなことはどうでもよくなってくるなぁ。

|

« 透明人間 | トップページ | アーモンド »

コメント

さかなさん

 トラックバック、ありがとうございます。
 本当に毎回、読みごたえがありますね。識字教育の方のインタビューもとてもよかったです。結城さんの文章も、毎回楽しみです。今ごろさかなさんも読んでいらっしゃるかなと考えながら読むのも楽しいです。

投稿: 蒼子 | 2004.05.18 21:53

蒼子さん
 私もトラックバックさせてもらいました~。
 この雑誌、読みごたえありますよね。私も教育についてはじっくり読みました。あと識字教育の方のインタビューもよかった。前回でしたか、ちらっと出てきてその時ももっとお話聞きたいなぁと思っていたので、今回のインタビューはよかった。結城さんの文章はいつも東北というか、山と海の空気を強く感じます。同じのを読んでいるって、なんだか楽しいですね。

投稿: さかな | 2004.05.18 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読む楽しみ:

» 言葉 [1day1book]
ネットで友人になった方から教えていただいた雑誌「GRAFICATION」 特集が [続きを読む]

受信: 2004.05.18 17:43

« 透明人間 | トップページ | アーモンド »