« 悲しみをのりこえて | トップページ | 夢と不安 »

2004.06.24

うちなる炎

 龍がでてくるお話、『龍のすむ家』を読んだ。挿絵がとてもすてきで、陶器の龍でいいからほしくなる。

 物語は大学生が下宿を見にきたところからはじまる。部屋もまずまず気に入って、すむことになったのだが、夫人のリズはさておき、口の達者な10歳の娘のルーシーがうるさいこと。そして、龍の置物。どうもこの家には何かあると感じる主人公のデービットに、読んでいるわたしも同調してしまい、ルーシーたちに振り回される。なんだか、ひとつひとつのエピソードがばらばらな印象なのだけど、最後にきちんと何かが残っている不思議な話だった。龍に惑わされてしまったかな。

 そして最後まで読み終わると原題"The Fire Within"の意味がわかってくる。続編の"Icefire"が読みたい。(原書の表紙もまたすてき)

|

« 悲しみをのりこえて | トップページ | 夢と不安 »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/831632

この記事へのトラックバック一覧です: うちなる炎:

« 悲しみをのりこえて | トップページ | 夢と不安 »