« うちなる炎 | トップページ | 浅草 »

2004.06.25

夢と不安

 海にあこがれたキツネとオオカミのお話、『きらめく船のあるところ』は、勇気をおしえてくれた。谷でのんびりと暮らしていたふたり。旅人から塔にのぼると、きらめく海がみえることを聞いたふたりは、どうしても海が見たくなってでかける。しかし、あとすこしのところで、「不安」のささやきがきこえて、谷に戻ってしまう。それからは、もとのように楽しく暮らせない。「夢をなくしたら、だれもいきていけないよ」ということばが、心に残った。

|

« うちなる炎 | トップページ | 浅草 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢と不安:

« うちなる炎 | トップページ | 浅草 »