« 浅草 | トップページ | 名まえとことば »

2004.06.29

ブラウン神父

 メルマガのネタ探しにブラウン神父を読み始めた。でもむずかし~。
 

'The criminal is the creative artist; the detective only the critic,'
  by Gilbert K. Chesterton "The Innocence of Father Brown" The Blue Crossより

 あれ、どこかで読んだことあるような。『名探偵コナン』単行本16巻の怪盗キッドのセリフでした。

  「怪盗はあざやかに獲物を盗み出す創造的な芸術家だが…
   探偵はその跡を見てなんくせつける……
   ただの批評家にすぎねーんだぜ?」

 怪盗キッド、かっこいい!と思って印象にのこっていたが、出典はチェスタトンだったとは。他にもあるのかしらん。ダイアナ・ウィン・ジョーンズにも引用が多いのでチェスタトンを読むのは今後の課題にしておこう。

|

« 浅草 | トップページ | 名まえとことば »

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

如月さん

 こんにちは。如月さんでもチェスタトンはむずかしいのですか。やっぱりわたしには無理ですね。邦訳読もうっと(^^;)。
 最近子どもたちはテレビのコナンは見なくなりました。単行本だけは買っているけど……。英語いっぱいでてきますよね。

投稿: 蒼子 | 2004.06.30 13:27

蒼子さん

 翻訳を通信講座で学び始めたとき、これは歯が立たないと思ったのはチェスタトンとスーザン・ソンタグでした。たぶん、今でもまだ、きちんと読み取れていないと思います(;_;) 

 わたしにとって英語が読めるというのは、チェスタトンとスーザン・ソンタグがしっかり読めることかもしれない、そんな気がしています。はるかな峰を望んでいるような感じです。

 コナンはアニメでもときどき英語でしゃべってますね。聞きとれてはいませんが、結構かっこいいこと言っているようです(^^;)

 
 

投稿: 如月 | 2004.06.29 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラウン神父:

« 浅草 | トップページ | 名まえとことば »