« 働くこと | トップページ | 挿絵画家 »

2004.07.30

エンジェル

 「うら庭のエンジェル」シリーズを4冊(うち1冊は去年読んだので再読)した。10歳のエンジェルが、弟ボロのめんどうをみたり、お母さんが留守のあいだ奮闘したりする。エンジェルの心の動きがゆっくりと響いてきた。シングルマザーだったお母さんに恋人ができ、いよいよ結婚式。シリーズはあと2冊ある。エンジェルの成長が楽しみだ。

|

« 働くこと | トップページ | 挿絵画家 »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

さかなさん

 エンジェルのぐちぐち悩むところ好きです。また空想がどんどんふくらんでいってしまうところも。とくにボロに関するところはすごーく共感できました。

投稿: 蒼子 | 2004.08.01 09:51

蒼子さん

エンジェルシリーズの何が好きかって、あの小さいことにぐちぐち悩むエンジェル(^^; まるで自分をみているようで。でも、はたからみて小さく思えても、当人にとっては大きなことで、それとの折り合いが日々大変なわけで。と、エンジェルの代弁をついついしたくなります。でも、ぐちぐちしてても、とっても向日性に満ちていて好きなんです。

投稿: さかな | 2004.07.31 08:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンジェル:

« 働くこと | トップページ | 挿絵画家 »