« 影絵の美しさ | トップページ | 画面が! »

2004.08.03

プロとアマの差は……

ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法』を読了。inputしながらoutputするためのノウハウが書かれていて、「本は目的を決めて読む」とか「抜書きの効用」など、いろいろと参考になるところが多かった。
 一番気になっているのはプロとアマの違い。筆者もまず読む量が違うという。先日、あらためて原書の読書量が少ないことを実感したこともあり、まず買ったけど読んでいない原書の山(といっても小さいものなのだけど)を崩す決心をする。小野出版翻訳勉強会に入ったときにまずいわれたのが、「プロになれる人は、初級のうちから意識だけはプロ」ということで、それを道しるべにしてきたつもりだった。わたしってほんとうに「プロ」になりたいのかなと自問自答しながら今日まできたけれど……。試行錯誤しながら進むしかないか。

|

« 影絵の美しさ | トップページ | 画面が! »

一般書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロとアマの差は……:

« 影絵の美しさ | トップページ | 画面が! »