« 読了本 | トップページ | その瞬間 »

2004.10.29

いのり

いのり
フィリモン・スタージス文・ジャイルズ・ラロッシュ絵・さくまゆみこ訳

 ヒンドゥー教、仏教、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地が、美しいペーパークラフトで紹介されている。宗教や建物の解説もうれしい。それぞれの宗教で、平和をいのっているはずなのに、なぜ悲劇がくりかえされるのだろう。ただ自分自身を見つめると、宗教というものに対して、あまりにも無関心なのも事実だ。宗教についてもわかりやすく書かれているのがうれしい。


おじいちゃんと森へ
ダグラス・ウッド著・P.J.リンチ絵・加藤則芳訳

 こちらは〈地球の祈り〉。少年は幼いころ、おじいちゃんとよく森へでかけて、いろいろなことを教わった。

「じっと耳をかたむけて聞いてみると、
お祈りそれ自体が
その答えだってことも、よくあるんだ。
木や風や水とおなじように、
ぼくたちはここにいるから
お祈りをするんだよ。
世界を変えるためではなくて、
自分たち自身を変えるためにね……」
(本文より引用)

 ほんとうにいろいろなことが起きている今、生きていることに感謝したくなる絵本。リンチの水彩画もすばらしくて、森に行きたくなる。秋だから、紅葉や木の実もたくさんあって楽しいだろうなぁ。耳をすませて、地球の声を聞くとほっとする。

|

« 読了本 | トップページ | その瞬間 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

Incisorさん

 こんにちは。

 『おじいちゃん~』は森林浴している気持ちになれます。ぜひどうぞ。

投稿: 蒼子 | 2004.11.03 18:04

蒼子さん、こんにちは。

心にひびくご紹介ありがとうございます。

ペーパークラフトのなんと美しいこと。
すみずみまで丹精こめられていて、絵を見ながらも
いつのまにか祈るような気持ちになります。

いい出会いをされていただき、感謝です。
『おじいちゃんと森へ』のほうもぜひページをめくりたいです。

投稿: Incisor | 2004.11.03 14:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いのり:

« 読了本 | トップページ | その瞬間 »