« Kim's Game | トップページ | 安楽椅子探偵 »

2004.11.23

映画「ハウル」(ネタバレあり)

「ハウルの動く城」を娘と観てきた。原作を読んだあと、映画化の話をきいて、ふたりで楽しみにしていた作品。第一印象は宮崎アニメの集大成、でしょうか。これまでの映画作品のあんな場面やこんな場面を彷彿とさせる場面が盛りだくさん。声も違和感なく観ることができた。原作とはやはり別物としてみたほうがいいでしょう。娘はぜひ続編も映画にならないかな、といっているけど、どうでしょうね~。

 以下ネタバレ。
 一番の不満はソフィーの魔法能力がかかれていなかったこと。これがないと、最後の結末がご都合主義にみえてしまうし、ソフィーの心をこめたセリフが活きてこないように思う。
 原作のエッセンスは階段シーンにあるんじゃないかと思った。ジョーンズ作品に一貫しているのは、「みずからが気づくこと」だと思っているので、階段を登るところで、ソフィーはみずからの足で歩き、ハウルの真の姿に気がついたのだろう。ここから、ソフィーの姿がいろいろと変わるんですよね。この階段場面は同じジョーンズの『時の町の伝説』のあの場面を思い出した。ハウルにもこんな場面あったかしら。もう一度読まなくては。

 原作ではあまりでてこなかった戦争については、いろいろと考えさせられた。映画館への行き帰りで『臆病者と呼ばれても 良心的兵役拒否者たちの戦い』を読んだので、敵か味方かと聞くソフィーに対して、ハウルが「どちらでも同じことさ。……人殺し共め」とこたえたところは心に残った。戦争についてこんな描き方をしたのは、やはり今という時だからだろうか。ハウルは黒い羽だったけど、『臆病者~』には、良心的兵役拒否者にたいして白い羽が渡されたというエピソードがでてくる。なんだか妙にわたしのなかでシンクロしてしまった。

 よかったのは、ハウルとソフィーの出会いのシーン。ハウルかっこいい! 原作を読んだときは、1回目ではよくわかっていなくて、2回目に読んでようやくわかったので、この出会いのシーンはうれしい。あとマルクルも原作より幼くなっていたけど、かわいくてよかったなぁ。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)            548.5/2000
・読む(原書)  23ページ     404/5000
・「英文和訳演習(中級篇)」     7/24

|

« Kim's Game | トップページ | 安楽椅子探偵 »

映画」カテゴリの記事

コメント

青縁眼鏡さん

 出会いのシーン、かっこいいですよね。ハウルのイメージは原作にそっていたと思います。ハウルやクレストマンシーはかっこよくなくちゃね(^^)。

投稿: 蒼子 | 2004.11.25 20:16

蒼子さん

 今日ハウル見てきました~。
 わたし原作はまだ読んでいないので(これから読みます)、映画は物足りなかったのですが、出会いのシーンはめちゃくちゃかっこよかったです。あんな素敵な王子さまだと、女の子は絶対好きになりますよね。

投稿: 青縁眼鏡 | 2004.11.25 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハウル」(ネタバレあり):

« Kim's Game | トップページ | 安楽椅子探偵 »