« 今読んでいる本 | トップページ | 3月になった »

2005.02.25

マイ・マンドリン

mandolin01 mandolin02 mandolin03
 先週、 『リトル・カントリー上』を読了。伝承音楽の演奏家ジェーニー・リトルが、ある日祖父の家でみつけた本をみつけた。それから奇怪なことが起こり始める。どうじにジェーニーがみつけた「リトル・カントリー」の物語も進行していき……。読みごたえのあるファンタジー。デ・リントは作曲もするそうで、作中にでてくる曲の楽譜が下巻の巻末についている。それで読んでいる間もずっとうずうずしていたんだけど、とうとうマンドリンを引っぱりだして弾いてみたくなった。

 マイ・マンドリンはCalace作クラシコA(1983年製)であります。ヘッドのうずまきがかわいいでしょ。結婚してからろくに練習していないので、手ががちがちで情けなくなった。でもおなかに響く音はやっぱりいいなぁ。ひととおり全部弾いてみたら、「メン=アン=トル・ワルツ」が一番気に入った。舞台はスコットランドで、ホイッスルやアコーディオン、フィドルなどで、演奏するとよいようだ。作者のHPには、作者や奥さんが演奏している写真をみることができる。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)           558/2000
・読む(原書)   20ページ    1730/5000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 今読んでいる本 | トップページ | 3月になった »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

ハイタカさん

 いえいえ、腕が楽器に負けてます。ウクレレの写真楽しみにしてますね~。
 チェロわたしも好きです。学生時代最後の演奏会では、サン・サーンスの「白鳥」弾かせてもらいました。

wangchukさん

 わぁ、いらっしゃいませ。うーん、残念。浅草で演奏したことは何回かありますが、学校卒業してからでした。「韃靼人の踊り」は演奏したことないので違いますね。すれちがっていたらすごいですね。

投稿: 蒼子 | 2005.02.26 23:02

こんにちは。マンドリン、きれいですねえ。わたし、ずーっと以前にたしか浅草のほうに某大学サークルのマンドリンのコンサートを聴きにいったことがあるのです。「韃靼人の踊り」が非常に印象的なコンサートだったのですが、まさか蒼子さんがそこで演奏していた……なんてことはないですよね? 最近妄想がひどすぎるのかも……。ゴミみたいなコメントでごめんなさい。気になって止まらなくなっちゃって。

投稿: wangchuk | 2005.02.26 21:42

 待ってました! カラーチェのクラシコAといったら、超高級マンドリンではありませんか。うーん、マイ・ウクレレ(ナカニシのNo.330)ではとてもデュオをお願いできそうにありません……

投稿: ハイタカ | 2005.02.26 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/3072116

この記事へのトラックバック一覧です: マイ・マンドリン:

« 今読んでいる本 | トップページ | 3月になった »