« メールクライアント | トップページ | 勉強、勉強 »

2005.02.13

ワニてんやわんや

 ぼくの弟のボビーはおりこうさん。いつも比べられてみじめな思いをするのが、ぼくは気に入らない。そこでボビーをびっくりさせようと、8歳の誕生日プレゼントにワニの子を買ってきた。びっくりさせて、すぐに返すつもりだったのに、ボビーは大喜び。親戚一同もまきこんで、てんやわんやの大騒ぎが始まる。

 わたしは3人きょうだいの一番上。引用したことばは、すごーくよくわかる。物語では中国系アメリカ人の家庭の生活ぶりもうかがえ、家族っていいな、きょうだいっていいなと心から思える。読み終わると鶏肉のカシューナッツ炒めが食べたくなる。読んだ日の夕食はもちろんカシューナッツ炒めでした。

(追記)
 作者のローレンス・イェップは、先月2005年ローラ・インガルス・ワイルダー賞を受賞しました。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)           558/2000
・読む(原書)   80ページ    1540/5000
・「英文和訳演習(中級篇)」    14/24

|

« メールクライアント | トップページ | 勉強、勉強 »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

BUNさん

 いらっしゃいませ。わたしは児童書読んでいても、親であることを忘れて、感情移入してしまうようです。そうですよね。冷静に読むと、親として反省しなくてはいけないです(^^;)。

投稿: 蒼子 | 2005.02.14 20:38

わ、ありがとうございます! 共感しながら読んでいただけて、とてもうれしいです。じ~ん。
引用してくださった部分、わたしは親として自分への反省をこめて訳しました(笑) 二人目、三人目と進むごとにやる気がなくなっているからなあ……(^^;) というか、兄貴まかせ。(やっぱり!) 
ひさしぶりに鶏肉のカシューナッツ炒めが食べたくなりましたです。(訳してたときは、もちろん食べました!)

投稿: BUN | 2005.02.14 15:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワニてんやわんや:

« メールクライアント | トップページ | 勉強、勉強 »