« 逃避 | トップページ | 春のごはん »

2005.04.10

アティと森のともだち

◆今日読んだページ数
読破ページ数【5】

アティと森のともだち
中 由美子 / 嚴 淑女 / 張 又然

 アティはおとうさんといっしょにおばあちゃんのふるさと、アリ山(シャン)にでかけた。おばあちゃんからもらった小さなふくろには、ひからびたさくらの花びらが入っている。これは「とくべつ」の友だちがくれたおくりものなんだって。おばあちゃんといつかアリ山に帰って、いっしょにまんげつのさくらまつりに行こうと約束していたのに、おばあちゃんはいってしまった。
 アリ山についたはじめての夜。さくらの木を見たけれど、まだはだかの木。ところがおばあちゃんおさくらの花びらが風にとばされてしまった。追いかけたアティは森の奥深くに迷い込んでしまい……。

 今さくらが満開です。今日この絵本に出会えてとてもうれしく思います。アティはおばあちゃんの「とくべつ」の友だちに出会い、さくらの精を助けるために冒険に出ます。丹念に描かれた絵も美しく幻想的でした。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)     1枚    572/2000
・読む(原書)   5ページ    2158/5000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 逃避 | トップページ | 春のごはん »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アティと森のともだち:

« 逃避 | トップページ | 春のごはん »