« 詩集 | トップページ | 授業参観 »

2005.05.06

魔空の森 ヘックスウッド

読破ページ数【30】

魔空の森ヘックスウッド
Jones Diana Wynne / 駒沢 敏器

 総ルビの児童書の体裁だが、これを読みこなすには、かなり本を読みなれていないといけないのではないだろうか。登場人物も誰が誰だかわからなくなるし、時間の流れはかなりめちゃくちゃ。魔法という言葉はでてくるが、現実的で、ロボット(なんとヤマハ製)からドラゴンまで登場する。でもやはり最後はジョーンズ。すべてがおさまるところにぴたりとおさまると、森にたいする愛情があふれてくる。主役は森だったのだとわかる。
 大人の目で読むと、結構どきりとする言葉がたくさんでてくる。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)           579/2000
・読む(原書)   30ページ   2490/5000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24
 

|

« 詩集 | トップページ | 授業参観 »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔空の森 ヘックスウッド:

» 魔空の森ヘックスウッド [のろのろな日々]
「魔空の森ヘックスウッド」 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 小学館 の紹介。 [続きを読む]

受信: 2005.08.21 15:44

« 詩集 | トップページ | 授業参観 »