« 視界がひらける | トップページ | なかなか予定どおりに »

2005.07.26

白鳥

読破ページ数【62】

Swan Boy を読了。ダイアナ・ヘンドリーの作品なので買った。グリム童話にもある「6羽の白鳥」の後日談。継母の魔法で白鳥に変えられた6人の兄を助けるために、妹は6年間口もきかず、笑わず、泣かずにイグサでシャツを作る。
 低学年向けの短い作品。白鳥にされた兄のひとりの視点で書かれている。白鳥になって、空をとんだり、湖をわたることのすばらしさに感動する。だから白鳥のままがよかったお兄さんの自分さがし。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)           629/2000
・読む(原書)   62ページ   3919/5000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 視界がひらける | トップページ | なかなか予定どおりに »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥:

« 視界がひらける | トップページ | なかなか予定どおりに »