« 発明家は子ども! | トップページ | 食欲の秋 »

2005.09.30

おつきさまってなあに?

読破ページ数【50】

おつきさまってなあに?
スティーブン・アクセル・アンダーソン文 / グレッグ・カウチ絵 / 木坂 涼訳

 もりのおくふかくで、キツネ、ミズアオガ、カエル、ネズミにフクロウが、それぞれの思う月について語る。ところが、みんなが自分の主張をまげないから大騒ぎに。そこで博士に聞いてみることになりますが……。
 深く考えさせられた絵本でした。わたしにとっての月ってなんだろう。久しぶりに空を眺めてみなくては。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)           629/2000
・読む(原書)   50ページ   4986/5000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 発明家は子ども! | トップページ | 食欲の秋 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おつきさまってなあに?:

« 発明家は子ども! | トップページ | 食欲の秋 »