« 運動会 | トップページ | ゆうかんなちびのお針子 »

2005.09.25

ブライディさんのシャベル

読破ページ数【70】

ブライディさんのシャベル
レスリー・コナー文 / メアリー・アゼアリアン絵 / 千葉 茂樹訳

 1856年。新天地に旅立つブライディさんは、納屋につるしてあった1本のシャベルをもっていきました。それから、帽子屋さんで仕事をみつけたときも、冬に公園でスケートをするときも、そして結婚して引っ越したときも、いつもそのシャベルをもっていきました。
 シャベルを心の支えとして、力強く生きていくようすがすがすがしいです。息子が小さかったころ、シャベルをどこへ行くにも持って歩いた姿を思い出しました。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)           629/2000
・読む(原書)   70ページ   4826/5000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 運動会 | トップページ | ゆうかんなちびのお針子 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブライディさんのシャベル:

« 運動会 | トップページ | ゆうかんなちびのお針子 »