« 四月の痛み | トップページ | わたしのすきなもの »

2005.11.23

まんまる おつきさまを おいかけて 

読破ページ数【120】

まんまるおつきさまをおいかけて
ケビン・ヘンクス作・絵 / 小池 昌代訳

 今夜は満月。子ねこは空を見上げて、ミルクのはいったお皿があると思います。目をつぶってなめてみると……。あれ、虫がとびこんできただけ。でも、まだあそこにミルクの入ったお皿がある。追いかけていくと……。

 なんといっても子ねこの表情がいいです。モノクロの絵がとても温かくて、好奇心いっぱいの子ねこがかわいい。2005年のコールデコット賞受賞作。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)           634/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 四月の痛み | トップページ | わたしのすきなもの »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まんまる おつきさまを おいかけて :

« 四月の痛み | トップページ | わたしのすきなもの »