« アンジェリーナ スターになる | トップページ | 四月の痛み »

2005.11.15

魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園

読破ページ数【70】

魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園
C.V.オールズバーグ絵と文 / 村上 春樹訳

 アランは、ミス・ヘスターの飼い犬のフリッツのめんどうを見ることになりました。ところが、散歩につれていくとフリッツは首輪から抜け出して、「ぜったいに、なにがあっても、犬を庭園の中に入れてはいけません。」と注意書きのある庭に入っていってしまいました。そこは、引退した魔術師、アブドゥル・ガサツィの庭園だったのです。
 モノクロの美しい絵に、ちょっと不思議な物語がぴたりとあっています。1980年コールデコット賞オナーブック。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)           634/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« アンジェリーナ スターになる | トップページ | 四月の痛み »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園:

« アンジェリーナ スターになる | トップページ | 四月の痛み »