« わたしのすきなもの | トップページ | たまご »

2005.11.28

僕らの事情。

読破ページ数【100】

僕らの事情。
デイヴィッド・ヒル著 / 田中 亜希子訳

 15歳のネイサンが語る、親友サイモンとの日々。頭の回転が速く、ユーモアのセンスが抜群のサイモンはクラスの人気者。ネイサンはときどきうらやましくなる。しかし、サイモンにはある事情があった。
 ふたりの友情、青春、そして、悩みだってきらきら輝いている。でもそれだけではない。ついつい事実から目をそらしてしまうわたしには、サイモンの毒舌がびしびしと自分の心に突き刺さってきた。サイモンは、生きることの尊さをしっかりと考えさせてくれる。きちんと向き合うことでしかえられないものを、忘れないように心にきざんでおこうと思う。


◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)           634/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« わたしのすきなもの | トップページ | たまご »

ヤングアダルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕らの事情。:

« わたしのすきなもの | トップページ | たまご »