« おんどりの鳴き声は? | トップページ | チビねずくんのクリスマス »

2005.12.22

赤い鳥の国へ

読破ページ数【10】

赤い鳥の国へ
アストリッド・リンドグレーン作 / マリット・テルンクヴィスト絵 / 石井 登志子訳

 ずっとむかし、多くの人がまずしかったころのこと。身寄りを亡くした兄妹は、ある農家にひきとられました。それは、兄妹をかわいそうに思ったからではなく、子どもの手が役に立つから引き取ったのでした。ふたりはろくな食べ物もあたえられず、働きづくめの灰色の毎日でした。兄は冬になったら学校に行ける、そうしたら毎日は灰色ではなくなるよ、といって妹を励まします。でも学校に行ってもやはり、毎日は灰色でした。そんなある日、赤い鳥が目の前に現われ、ついていくと、そこは春の緑の草原だったのです。

 悲しいお話です。リンドグレーンというと、わたしにとっては「やかまし村」シリーズと「名探偵カッレくん」シリーズなのです。子どものころの愛読書でした。友達とバラ戦争ごっこをして、山賊ことばの練習もしたくらい大好きでした。大人になってから『はるかな国の兄弟』を読んだときは衝撃を受けました。このお話も『はるかな国~』を思い出させます。
 この作品は岩波書店の『小さいきょうだい』に収められている短編に、マリット・テルンクヴィストが新たな挿絵をつけて2004年に絵本として出版されたそうです。日本語版のために新たに描かれた絵もあるそうで、とても美しい本になっています。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)      10枚   658/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« おんどりの鳴き声は? | トップページ | チビねずくんのクリスマス »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/7783515

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い鳥の国へ:

« おんどりの鳴き声は? | トップページ | チビねずくんのクリスマス »