« 晴れた日は図書館へいこう | トップページ | 新年のご挨拶 »

2005.12.28

よくいうよ、シャルル!

読破ページ数【10】

よくいうよ、シャルル!
ヴァンサン・キュヴェリエ作 / シャルル・デュテルトル画 / 伏見 操訳

 シャルルは、ジジくさくてきらわれ者。というか、いることすら気づいてもらえない。ところがある日シャルルは大けがをして学校へ来られなくなってしまった。家が近いぼくは、シャルルの家にノートを届けることになった。はじめは話すことなんてなかったけれど、次第にシャルルの以外な一面がわかってきて……。
 主人公はベンジャマン。『バスの女運転手』の続編だったのですね。さきに『バスの女運転手』を読めばよかった。さりげなく日常を描きながら、ベンジャマンの言葉にならない内心が伝わってきて、切なくなりました。挿絵も物語と一体となっていて、表紙から最後の1ページまで堪能できた。

 ひさしぶりに読書記録も更新。

・書く(訳す)      10枚   673/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 晴れた日は図書館へいこう | トップページ | 新年のご挨拶 »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: よくいうよ、シャルル!:

« 晴れた日は図書館へいこう | トップページ | 新年のご挨拶 »