« おわりから始まる物語 | トップページ | はじめてのようちえん »

2006.02.01

錬金術

読破ページ数【10】

錬金術
マーガレット・マーヒー作 / 山田 順子訳

 高校生のローランドは、ある日万引きをしてしまった。それを知った教師から、万引きしたのを黙っているかわりに、ちょっと変わった女の子ジェスのことを調べるように指示される。しかたなくジェスに近づいたローランドだったが、ジェスと彼女の家の奇妙な雰囲気に次第に惹かれていった。

 ローランドに備わっている不思議な能力、普通なら魔法といいたいところを、マーヒーは「錬金術」としている。その力を狙うものも出てきて、緊張感にみちた展開。だが本筋は、思春期から大人への脱皮ということだろう。結末はまっとうだなと思った。幼いころは、すべてをさらけ出していてもよかったが、成長し、外との世界にふれあうにつれ、さまざまな仮面をつけていかなければならない。ローランドにしても、末の弟が生まれた日に父親が家をでて、家では母を支える優等生として通してきた。しかし、優等生の顔がローランドのすべてではない。この年頃の苛立ち、不安感のようなものが、「錬金術」に象徴されているのかもしれないと思った。

 個人的におもしろかったのは、ブレイクの詩の引用。ちょうどこの前に読んだ『おわりから始まる物語』でも引用されていた(こちらは、おとうさんがお風呂で暗唱していて、ジミーはお父さんが作った詩だと思っていた)。続けて読んだ2冊に同じ詩がでてくるなんて。実はわたしも中学生のころつけていた日記帳の最初のページに、毎回この詩を書き写しておいたのを思い出した。原文を引用しておく。

  To see a World in a Grain of Sand
  And a Heaven in a Wild Flower,
  Hold Infinity in the palm of your hand
  And Eternity in an hour.

(William Blake "Auguries of Innocence")


counter

 ところで、ココログをはじめて2年になりました。いつも読んでくださって、どうもありがとうございます。午前中にカウンターを記念撮影。これからもよろしくお願いします。


◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)      6枚   733/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« おわりから始まる物語 | トップページ | はじめてのようちえん »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/8450076

この記事へのトラックバック一覧です: 錬金術:

» 錬金術 [POCO A POCO]
 野はら花文庫のそらこさん、Blue Boxの蒼子さんがご紹介くださり気になっていた『錬金術』を読みました。  まただ。何年にもわたって、ローランドにとりついている悪夢が、またローランドの眠りに入りこんできた。いつでも悪夢は恐怖のうちにおわり、決して途中で冷め...... [続きを読む]

受信: 2006.02.16 19:56

« おわりから始まる物語 | トップページ | はじめてのようちえん »