« 錬金術 | トップページ | きょうはこどもをたべてやる! »

2006.02.04

はじめてのようちえん

読破ページ数【10】

ふたごのひよちゃんぴよちゃんはじめてのようちえん
バレリー・ゴルバチョフ作・絵 / なかがわ ちひろ訳

 ふたごのひよちゃんとぴよちゃんも、ようちえんへ。はじめてのようちえんにわくわく、どきどき。おともだちできるかな?

 バレリー・ゴルバチョフの絵本を読むと、ほほがゆるんでしまいます。初めて幼稚園にいくときのわくわく感。前作は滑り台をはじめてすべりおりるときのお話でした(『ふたごのひよちゃんぴよちゃんはじめてのすべりだい』)。最近、子どもが小さかったころを思い出すのですが、ふたごのひよちゃんぴよちゃんシリーズの絵本を読むと、初めて○○したときのことが、ばーっとよみがえってきて、目がうるうるしてしばし過去の思い出にひたってしまうのでした。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)      5枚   738/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 錬金術 | トップページ | きょうはこどもをたべてやる! »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのようちえん:

« 錬金術 | トップページ | きょうはこどもをたべてやる! »