« ぼくだってできるさ! | トップページ | 翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった »

2006.03.18

ジス・イズ・ミュンヘン

読破ページ数【10】

ジス・イズ・ミュンヘン
ミロスラフ・サセック著 / 松浦 弥太郎訳

「ジス・イズ」シリーズ。ドイツの、ソーセージとお祭の街、ミュンヘン。ミュンヘンの街の魅力がたっぷりと盛り込まれていて楽しい絵本です。原作は1961年に出版されたものですが、ちゃんと現在のようすも補足されているのもうれしいです。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       2枚  755/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« ぼくだってできるさ! | トップページ | 翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジス・イズ・ミュンヘン:

» ジス・イズ シリーズの絵本 [POCO A POCO]
 各都市のガイドブックさながら、雰囲気を感じられる絵本、ジス・イズシリーズを読みました。  どの絵本にも、素敵な絵と具体的な描写があり、わくわくと、その土地を歩いているような気分になれます。例えば、ケープケネディでは、もちろん宇宙基地の話。街にはロケッ...... [続きを読む]

受信: 2006.03.22 06:33

« ぼくだってできるさ! | トップページ | 翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった »