« ジュディ・モード、地球をすくう! | トップページ | ジス・イズ・ミュンヘン »

2006.03.16

ぼくだってできるさ!

読破ページ数【10】

ぼくだってできるさ!
エドアルド・ペチシカさく / ヘレナ・ズマトリーコバーえ / むらかみ けんたやく

 マルチーネクは、小学校にあがる前の男の子。近所の小学校に通う女の子に、字が読めるよ、といってしまい……。
 早く大きくなりたい、そんな男の子の日常を描いた8篇のお話が入った絵本。チェコの作家による50年前の作品ですが、子どもの心は国が違っても、時代が違っても同じなのだと思える。巻末には訳者によるチェコの紹介が写真入りあって親切なつくりだなと思った。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       1枚  753/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« ジュディ・モード、地球をすくう! | トップページ | ジス・イズ・ミュンヘン »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぼくだってできるさ!:

» ぼくだって できるさ! [POCO A POCO]
 『もぐらとずぼん』の作者、エドアルド・ペチシカのかいた絵本、『ぼくだってできるさ!』です。  機関車の運転手になりたい、マルチーネクは、とてもかわいい男の子。小学生になるには、あと2年ありますが、早く大きくなりたくて、いろんなことを「できる」ふりをして...... [続きを読む]

受信: 2006.03.18 14:21

« ジュディ・モード、地球をすくう! | トップページ | ジス・イズ・ミュンヘン »