« 入学式 | トップページ | ミステリの歴史 »

2006.04.14

お弁当

読破ページ数【10】

 いま読んでいるのは『真実(ヴェリティ)の帰還 上』。「ファーシーアの一族」シリーズ完結編。

真実(ヴェリティ)の帰還 上
ロビン・ホブ著 / 鍛治 靖子訳

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       2枚  766/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 入学式 | トップページ | ミステリの歴史 »

読書中」カテゴリの記事

コメント

りりさん

 結局部活に入ったようで、昨日も8時帰宅でした。「0時間目」ってすごい制度ですね。
 今日はバス旅行で昨夜は予習が必要なかったので、ちょっとリラックスしていました。

ぎねびあさん

 昨日が参観だったのですね。家庭訪問が終わるまでおちつかないですね。

投稿: 蒼子 | 2006.04.21 09:07

>蒼子さん

学校が遠いと部活もたいへんですよね。
しかも体育系だと……。
うちはコーラス部に入ったみたい。まあ、無難かな?

>ぎねびあさん

こちらの高校は、原則として「ゼロ時間目」(必修)なるものがあり、その始業時間が7時35分!なんです。
ただ、学期開始直後とか、定期テスト前は普通の1時間目(8時40分)からみたい。
恐ろしい制度ですが、わたしの知る限り、市内の高校はどこも似たような時間割。
なぜだろう……。
自転車をかっとばせば通学に20分もかからないので、蒼子さんちにくらべれば贅沢な話ですけど、やっぱ1時間早いのはつらいです……。
うちの小学生は8時すぎに出るので、別にこれまでより早く片付くわけでもないし……。

投稿: りり | 2006.04.20 19:02

蒼子さん、

 お手数をおかけしました。
 某LTNでも大笑いのできごとがありました、お気付きかもしれませんが。なんでじゃ……? ダブルクリック癖なんてないよぉ!
 ほんと、中1は大変です。といいつつ明日は参観・懇談です。役員あたりませんように!

りりさん、

 始業が早くなったって、「夏時間」があるのですか?

投稿: ぎねびあ | 2006.04.20 10:56

>ぎねびあさん

 中学生も1年生はたいへんですよね。2年生は、先週は先生がきらいだとかぐだぐだいっていましたが、なんとか落ちついたようです。
 このところうっとおしいTBが続くので、設定かえました。コメントも許可制にしましたので、すぐ反映されないと思います。よろしくお願いします。

>りりさん

 わたしもびびったのですが、毎週土曜日があるわけではなかったです。やっと昨日半年分の予定表もらってきました。
 今週から部活はじめたら、帰宅が8時すぎ。それから予習や宿題やって、本人もまいってます。部活入るのやめようかとか。そういえば、自分もそうだったなぁと思いました。開き直るまでが大変。

投稿: 蒼子 | 2006.04.19 09:33

えー、毎週土曜日あるんですか?
こちらの高校は、時々「土曜講座」なるものがあるらしいけど、1年生はまだありません。

今日から始業時間が早くなり、早速学食利用となったムスメでした^^;
それでも7時に出ればいいんですけどね。
帰ったら、夕食も食べずに風呂に入って8時前に寝ました。

投稿: りり | 2006.04.19 00:12

 うちは逆に高校生の方が少し遅く出ています。
 とりあえず、中1は4月いっぱいなんだかんだとイレギュラーなので、ペースに乗るのはゴールデンウィーク明けでしょうか……まだまだだわ。
 でもまあ、1日がずいぶん長くなった気はします。時間を有効に使わなきゃ!
 このところ、書き込みがうまくアップされなくてご迷惑をおかけしてます。これ、うまく入るといいのですが。

投稿: ぎねびあ | 2006.04.18 23:05

ぎねびあさん
 お返事遅くなってごめんなさい。なんだかばたばたしてました。
 ぎねびあさんのところの中学生さんは7時ですか。うちは7時45分なので、息子が家をでてから1時間ぶらぶらしてます。家族全員のペースができるまでたいへんですね。がんばりましょう。

投稿: 蒼子 | 2006.04.18 11:32

 やっぱり今日も早起きだったのですね。明日はゆっくりなさってください。
 うちも中学生が7時に家を出るため、いままでより起きる時間が30分早くなりました。おかげで午後の2時頃は頭がもうろうとしています。
 お互い頑張りましょうね。
 それにしても、6時半出発は早い……。

投稿: ぎねびあ | 2006.04.15 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お弁当:

« 入学式 | トップページ | ミステリの歴史 »