« 親子って | トップページ | 気になること »

2006.04.24

小さなことから

読破ページ数【30】

もぐらのバイオリン
デイビッド・マクフェイル作・絵 / 野中 ともそ訳

 地中で暮らすもぐらは、ある日テレビから流れてきたバイオリンの音に魅せられて、さっそくバイオリンを注文しました。やっと届いたバイオリンを、鳴らしてみますが、ひどい音。でも練習を重ねて、ドが引けるようになり、ドレミファソラシドが弾けるようになり、やがてすばらしい曲も弾けるようになりました。

 文章はもぐらの気持ちをつづり、絵では、地上での出来事が描かれたユニークな構成。もぐらのバイオリンがもたらした地上への変化に、心がゆさぶられる絵本でした。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       3枚  780/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 親子って | トップページ | 気になること »

絵本」カテゴリの記事

コメント

shokoさん

 いえいえ、どこかに書いておこうと思いながら、まだやっていないわたしが悪いです。ご心配かけてすみませんでした。

 絵本、勇気づけられますね。

 

投稿: 蒼子 | 2006.04.24 21:45

先日はたくさん投稿し、失礼しました。そういうことだったのですね。3つ目を書いてから、ぎねびあさんのコメントをみて、ああ!と思いました。(遅かった~)

この絵本、私も読みました。時間がなくて、ブログには載せなかったのですが、なんだか勇気づけられるような絵本だと思いました。

投稿: shoko | 2006.04.24 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さなことから:

« 親子って | トップページ | 気になること »