« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.31

間を流れる川

読破ページ数【42】

ミシシッピがくれたもの
リチャード・ペック著 / 斎藤 倫子訳

 15歳の「わたし」は、父の故郷に弟ふたりとともに行くことになった。故郷では祖父母と大おじ、大おば夫妻の四人が暮らしている。祖母のティリーは、「わたし」に少女時代の思い出を語り始める。
 舞台は南北戦争初年のイリノイ州南部の小さな町。この田舎町にあらわれた、ニューオリンズの都会育ちのディルフィーンとカリンダの謎にひかれて読んでいくと、次々あきらかになる意外な事実に圧倒されっぱなしでした。
 教科書では南部と北部に分かれて戦ったとあるだけの南北戦争が、ティリーの語りで、ひとりひとりの思いがくっきりとうかびあがってきます。原題は"The River Between Us"。訳者あとがきでもいわれているように、ミシシッピ川は、奴隷制に反対したイリノイ州と、賛成したミズーリ州の間を流れています。また田舎町で生まれ育ったティリーたちと、都会育ち娘たちとの間の川。そして、男と女の間にも川が流れているのだなと思いました。
 原書は、「若い読者に自国や世界の歴史背景に興味をもってもらう目的で設立」されたスコット・オディール賞を2004年に受賞しています(賞の説明引用はメールマガジン「月刊児童文学翻訳」より)。歴史を子供たちに伝えていくことの重要さをあらためて思いました。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       10枚  871/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.29

買った本

読破ページ数【50】

 映画を観にいったついでに、大きい本屋さんを探したけど、目的の本はなかった。でも近所の本屋さんにはなかった本を2冊買ってしまった。

オンライン書店ビーケーワン:蜂の巣にキス オンライン書店ビーケーワン:SFマガジン 2006.7

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       10枚  861/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.25

試験前なのに

読破ページ数【30】

 中2の娘は中間試験中。といっても今日と明日だけ。なのに、映画を観たいからとこの前の日曜日に『ダ・ヴィンチ・コード』を読んでいた。試験前なのに1日で読んでしまったみたいだけど、大丈夫なのだろうか。結果が恐ろしい。で、本の感想は「おもしろかった」。もう少しなんとかないのかなぁ。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       7枚  851/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.23

光プレミアム

読破ページ数【10】

 光プレミアムに切り替えた。今年にはいって、やたらNTTやNTT関連会社から勧誘の電話がかかってきたのだけど、とうとう決心した。工事にくるので、また掃除。居間にちらばっている本やら新聞を、いつもそうしたものを突っ込む別室に片付けていて、ふと上をみると、電話線がその部屋から伸びているではないですか。ひょっとして、こっちを工事するのかなと思って、いらないものを台所へ運ぶ。居間にパソコン三台置いているので、光プレミアムに必要な機器はそちらにおく予定にしていた。
 何とか片付いたと思ったら、いまから行きますの電話が入る。実際にみてもらうと(例の部屋もチェックした、ほっ)、部屋をまたがって線を延ばしたくないので、居間のテレビのアンテナの穴から引き込むという。無事工事が終わって三つの機器が並びました。(おかげで原稿台が置けなくなってしまった。またいろいろとパズルのように動かさなくては)

 光プレミアムはやっぱり速くてうれしい。パソコンもそうだけど、どんどん新しくなるから、やっぱり新しいものほしくなってしまう。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       7枚  844/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.22

子供のすがた

読破ページ数【10】

てのひらに毛がはえるとき
ジャン・マーク著 / 三辺 律子訳

 またまたジャン・マーク。男子校のあるクラスではじまった賭け。授業時間がつぶれれば損。授業が伸びれば得をしたと考えて、1週間で何分の損得がでるかを賭けることになった。その顛末を描いた「時間でかせげ」。新学期に学校にいったアイリーンは、教室がわからずうろうろしているうちに、口からでまかでいろいろな口実で先生や生徒を煙に巻いていく「アイリーンの新学期」の2編が入っている。
 この作品も楽しめた。先の短編集『バスにのらないひとたち』もそうだったけど、子供の姿をありのままに書くのがうまいなぁと思った。へんな教訓も大人の側の言い訳もない。子供も大人もありのままに描かれている気がする。大人が読んでもどきりとするのは、そういうところにあるのかもしれないと思う。本のタイトルは「時間でかせげ」から。この賭け、損するほうに賭けた子と、得するほうに賭けた子の攻防も楽しいけど、先生もなかなかよかった。「アイリーン~」のほうの結末にはびっくり。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       10枚  837/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.20

普通ってなんだろう

読破ページ数【10】

 カーネギー賞ショートリストの"Turbulence"(ジャン・マーク作)を読了。普通の家族が、近所に引っ越してきた夫婦に振り回されていくようすを、16歳の娘の目をとおしてユーモラスに描いている。ジャン・マークの作品はカーネギー賞を受賞した、"Thunder and Lightnings"(『ライトニングが消える日』パロル舎)と、未訳の短編集を1冊読んだだけだったので、『バスにのらないひとたち』を読んだ。

バスにのらないひとたち
ジャン・マーク著 / 三辺 律子訳

 ホラーとまではいかないけど、ちょっと怖くて不思議な物語が8篇。学校の集合写真での出来事や、もつとみんな機嫌が悪くなってしまう古い硬貨の話はぞくっとする。表題作は、なにかの気配を感じて、バス停にちかよれないジェニーの話。毎年同じ日の同じ時間に現れる幽霊など、子どもだったころ感じたかもしれないことや、みていたかもしれないことがでてくる。ジャン・マークの作品を読むと、いつも「普通」ってなんだろうと思えてくる。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       10枚  827/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.18

さくらの精

読破ページ数【46】

さくら、ひかる。
小森 香折作 / 木内 達朗絵

 中学生の吉井希世は、ある日教室でクモさわぎがあってから、現実と妙に重なる夢をみる。そんな夢のなかで、化け物に襲われたところを助けてくれたのは、糸の幻蔵と名乗る若者だった。幻蔵は、希世が桜巫女の血をひいているという。ひとの世と常世を守ってきた桜を再生できるのは、桜巫女である希世しかいないのだといわれるが……。

 桜の精が、四方の守りとなり、常世を守ることで、ひとの世も守られているという設定。邪悪な心から生まれたヒトギツネの差し金で、現実世界は開発がすすみ、河岸は埋められ桜の木は倒されてしまい、いま残っている方陣の桜は南と北だけ。現実ではうじうじとさえない少女の希世が、夢のなかではきっぱりとものをいい、行動していくことで、現実の真の姿に気がついていく。桜の精が舞い踊る場面はうっとりするような美しさ。環境問題もからめて、現実世界を動かす力を夢の世界で見つけていく希世の姿がすがすがしい。希世が下した決断の結果は切ないけれど、ある予感を残した終わりがすてき。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       6枚  817/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.17

家庭訪問終了

読破ページ数【30】

オンライン書店ビーケーワン:闇の守り手 1 オンライン書店ビーケーワン:闇の守り手 2 オンライン書店ビーケーワン:闇の守り手 3

 去年から読み始めたシリーズ3巻目を読了。第1部終了とのことだけど、肝心なところは明かされずに第2部に続く……。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       5枚  811/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.14

いろいろあるんだなぁ

読破ページ数【30】

 今日は高校のPTA総会だった。進路報告会もあるので、初めてだしいってみた。中学校や小学校とは、また違う雰囲気。会計報告では、野球部が予想以上にがんばって地区予選を勝ちすすんんだので、応援費用が予算オーバーしたという話。おお、高校野球。わたしは自分の母校は軟式野球部しかなかったので、そういうのとは無縁だったなぁ。甲子園に行くような学校はPTAもたいへんなのでしょうね。
 進路報告会で、センター入試や受験制度のお話を聞く。こちらも自分のときとまったく違うし、住んでいる地域も違うので、初めて聞くことばかり。入試制度がこんなにいろいろあるとは思わなかった。本人が目標を持って決めてくれれば一番いいのだが。どうなることやら。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       5枚  806/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.11

頭が重い

読破ページ数【20】

 なんだか頭が重くて、集中できない。いつもならすごーく頭が痛くなって、バッファリン飲んですっきりするんだけど。先週末にバッファリンを飲んで治ったと思ったのに、飲むほど痛くはないけど、どんよりしていて、すっきりしない。
 来週の家庭訪問のために大掃除をしないといけないのに、雨ばかりで、まったくはかどらないせいもあるか。はぁ~~。このゴミだめみたいな部屋どうしよう。こたつも片付けようと思うのだけど、なんだか肌寒くなって先延ばしにしてる。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       5枚  801/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.08

なかなか読めない

読破ページ数【70】

『邪馬台国はどこですか?』でデビューした作者の、歴史上の謎を解く世界版。とりあげられているのは、アトランティス大陸、ストーンヘンジ、ピラミッド、ノアの方舟、秦の始皇帝、ナスカの地上絵、イースター島のモアイ像。読むつもりなかったのに、つい「ノアの方舟」を読んでしまったのが運のつき。全部読んでしまった。頭痛くて原書が読めなかったせいもある。なかなかおもしろかった。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       1枚  796/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.03

ほこりの山

読破ページ数【20】

 デスクトップパソコンが、動かなくなり、さわればさわるほど変になって、とうとうディスクがありません(?)とでてきた。昨日主人の知り合いのパソコンショップで見てくれるというので運ぶことにしたけど、車にのせるために、動かしたらほこりの山。コードもごちゃごちゃで、掃除しながららつないであったもの全部はずすのに1時間近くかかってしまった。

 いろいろ見てもらった結果、やはりハードディスクが壊れていた(;_;)。データだけでもとりだせないかなと思ったけどやっぱり消えていた。(写真のバックアップとっていなかったのが痛い)相談の結果、新しいハードディスクつけてもらうことにした。最低でいまは80Gなのですね。壊れたのは30Gだったので、十分過ぎるほど。(でもバックアップとっておかないといけないですね)
 もう1台あずけてあったノートパソコンは、うまく直ったのでもらってくる。win98だけど、子ども用に全部データだして再セットアップしようとしたら、動かなくなってしまったのだが、あっさり動くようになったらしい。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       5枚  795/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »