« 前向きに | トップページ | 暑い »

2006.06.19

現代にいる神々は

読破ページ数【55】

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 〔1〕
リック・リオーダン作 / 金原 瑞人訳

 問題ばかり起こして学校と転々としてきたパーシー・ジャクソンは6年生。とうとう問題児専門の学校に入ったが、そこでもある事件を起こして退学に。そして、母が命がけでパーシーを連れていった場所は「ハーフ訓練所」。なんとパーシーはギリシャ神話の神々と人間の母の「ハーフ」だった!
 設定がぶっとんでる。ギリシャ神話の神々が不死で、なんといまはニューヨークのエンパイアステートビルの600階にオリンポス山があるという。神々と人間の間にできたハーフは「英雄」となるため、訓練所にはいる。学校で問題ばかり起こしてしまうのも神の血が入っていたからなのだった。訓練所に入ったものの、パーシーの命を狙うものが入り込んだり、神々の思惑もあったりして、パーシーは盗まれたゼウスの雷撃を探す冒険にでることに。そしてニューヨークから、ハデスのいる黄泉の国、ロサンゼルスまで旅をすることになる。2006年チルドレンズ・ブック賞大賞を受賞。

 リック・リオーダンといえば、名前だけは知っているミステリ作家ですが、初めて書いたという子供向け作品。3部作になるとのことで、この先が楽しみ。カール・ハイアセンの『ホー』もそうだったけど、環境問題にもしっかり触れているあたり、おもしろいなと思った。『ギリシア神話』を知っていると、いっそう楽しめる。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       12枚  953/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« 前向きに | トップページ | 暑い »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

shokoさん

 神々の性格がおもしろかったですね。TBありがとうございます。わたしもさせていただきました。

投稿: 蒼子 | 2006.06.20 09:22

蒼子さん、これ、面白かったです。私やる気のないあの神にうけてしまいました。もちろんパーシーもよかったですけど。

ギリシャ神話も読んでみたいと思いつつ、なかなか時間が取れません。

投稿: shoko | 2006.06.19 21:28

ぎねびあさん

 ギリシア神話って、何度も読んでいるけど、覚えられないです。

投稿: 蒼子 | 2006.06.19 21:20

 一神教を信じないわたしとしては、このお話は痛快でした。ギリシャ神話、一度はちゃんと読んだのだけれど、だめですねえ、忘れてて。また読まなくちゃ。
 ほんと、この先が楽しみです。

投稿: ぎねびあ | 2006.06.19 19:18

上野さま
 さっそくありがとうございます! ギリシャ神話をうまくアレンジしてあって、楽しめました。これからもがんばりま~す。

投稿: 蒼子 | 2006.06.19 17:16

ひやあ、面白そうですねえ。私、ギリシャ神話大好きなので、思わず反応してしまいました!今の世にも神と人間との混血の英雄がいるなんて! 忙しくてなかなかYAまで目の届かない私にとって、蒼子さんのレポートは貴重です。愛読してまーす♪

投稿: 上野空 | 2006.06.19 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現代にいる神々は:

» パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 盗まれた雷撃 [POCO A POCO]
 アメリカの寄宿学校に通うおれ、パーシー・ジャクソンは、なぜだからわからないけれど、いつもトラブルを引き起こし、校外学習にいくたびに問題をおこしては退学になって学校を転々としてきた。ある日、古典のブラナー先生の引率で、メトロポリタン美術館へいき、古代ギ...... [続きを読む]

受信: 2006.06.19 21:26

« 前向きに | トップページ | 暑い »