« バラクラバ | トップページ | フルートの音色が聞こえてきそうな »

2006.06.26

クロアチアのお話

読破ページ数【10】

見習い職人フラピッチの旅
イワナ・ブルリッチ=マジュラニッチ作 / 山本 郁子訳 / 二俣 英五郎絵

 靴屋の見習い職人フラピッチは、身よりはないけれど、陽気で明るい男の子。でも親方は気難しく意地悪で、とうとうフラピッチは旅にでることに。親方のところから追いかけてきた犬のブンダシュと、途中でしりあったサーカスから逃げてきたギタという女の子とともに、旅先でさまざまな困難にあいながら、持ち前の知恵と勇気で切り抜けていきます。
 1913年からクロアチアで読みつがれているというお話。旅の途中の出来事が、すべて最後にひとつにつながっていって安心して楽しめます。昔話のような懐かしい感じのするお話でした。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       13枚 1000/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

|

« バラクラバ | トップページ | フルートの音色が聞こえてきそうな »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロアチアのお話:

« バラクラバ | トップページ | フルートの音色が聞こえてきそうな »