« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006.07.29

オオカミと少年の絆

読破ページ数【20】

クロニクル千古の闇 2
ミシェル・ペイヴァー作 / さくま ゆみこ訳 / 酒井 駒子画

 6000年前の、ヨーロッパ北西部を舞台に、〈天地万物の精霊〉が支配する世界を描いた『クロニクル千古の闇 1 オオカミ族の少年』(全6巻の予定)の2巻。
 トラクが大グマを倒してから半年がすぎた。オオカミの子、ウルフと別れたトラクはワタリガラス族とともに生活していたが、よそ者であるという感じはなくならない。それまで父と常に移動して暮らしていたので、これだけ長い間同じところで野営するのは初めての経験でもある。そんなとき、恐ろしい病が森に広まっていく。ワタリガラス族では、トラクをテントに居候させてくれていたオスラクが最初の犠牲者となった。トラクをおびきよせる罠かもしれないという、族長の忠告を無視して、トラクは病を治す方法を探しにひとりで旅立った。
 ウルフもまた、トラクを探して旅立っていた。ようやくワタリガラス族の野営地についたものの、すでにトラクは旅立ったあと。さらにウルフはトラクの跡を追う。またワタリガラス族の少女レンも、トラクの身を案じて旅立った。

 謎の病の治療法を求めて、深い森へ向ったトラクは、さらに海へいくことに。初めての海で、トラクはアザラシ族の少年たちにつかまり、アザラシ族の島に渡った。森での生活しか知らなかったトラクが、海の民の生活を知って、驚くようすがひしひしと伝わってくる。生きることは、食べること。それは命を食らうことである。生きる糧となる命に対する畏敬の念が、素直に伝わってくるのがこの作品の魅力。
 アザラシ族はトラクにとって、母の部族。この旅はトラクにとって自分のルーツを探る旅でもあった。最後にはトラクにとってつらい真実、〈魂食らい〉の正体があかされて、謎はますます深まってきた。トラクはウルフとともに、今後さらなる試練に立ちむかわなければならないようだ。
 この巻ではシャチがでてくるが、北ノルウェーのティースフィヨルドでシャチといっしょに泳いだ経験から、登場させたという。体験に基づいたリアルな描写も興味深い。
 3巻の原作は今年中に発表される予定。トラクとウルフの今後がとても気になる。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す          16枚 1150/2000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.26

気になる本

読破ページ数【17】

 主に「指輪物語」「ゲド戦記」「ナルニア国ものがたり」についての論考。ヨーロッパの伝説や神話がそれぞれの物語に与えた影響について、興味深く読んだ。特に「指輪物語」と「ナルニア国ものがたり」との対比はおもしろかった。『物語る力』(シーラ・イーゴフ著)についても賛同の意見が述べられている。ちょうど読みたいと思っていたので、ますます読みたくなった。でも近所の図書館にないなぁ。うう、買ってしまおうか(でも高いなぁ)、思案中。

 気になる本。いつになったら読めるだろうか。

オンライン書店ビーケーワン:虎の弟子 オンライン書店ビーケーワン:乱鴉の島 オンライン書店ビーケーワン:うつし世の乱歩 オンライン書店ビーケーワン:ベイビー・ラブ オンライン書店ビーケーワン:淑やかな悪夢

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す          8枚 1134/2000

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.22

つかの間の晴れ間

読破ページ数【10】

我らが影の声
ジョナサン・キャロル著 / 浅羽 莢子訳

 ジョゼフ・レノックスは、13歳のときに兄を鉄道事故で亡くした。その死が忘れられないが、作家として成功し、ウィーンに渡る。ウィーンで、映画好きのテイト夫妻と知り合い、いつも3人で行動するようになった。それはこれまでで一番幸福と呼べる生活だったが……。
 怖かったの一言。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       17枚 1126/2000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.19

もうすぐ夏休み

読破ページ数【5】

 どう考えても余裕ないので、「英文和訳演習」はしばらくお休み(というか実質休んでいたが)。

ギフト
ル=グウィン著 / 谷垣 暁美訳

 ル=グウィンのヤングアダルト向けファンタジー。深い、深い物語だった。〈ギフト〉というのは、西のはての国、〈高地〉に住む一族の間に伝わる能力。部族ごとにその力の内容が違い、族長の血筋に継承される。物語の語り手オレックは、族長を父に、低地の〈ギフト〉など聞いたこともなかった女性を母にもつ。族長の息子ゆえに〈ギフト〉の力を期待され、父からそのための訓練や教育を受ける。母からは、それまで高地にはなかった文字や物語を教わる。父からは言葉では伝えられないギフトについて教わり、母からは言葉を残すための文字を教わる。このオレックが、どう成長し、どう生きていくかが描かれていく。ギフトにはいろいろな意味がこめられていて、いろいろと考えさせられた。3部作とのことなので、続きが楽しみだ。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       5枚 1109/2000

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.13

頭がくらくら

読破ページ数【65】

オンライン書店ビーケーワン:ひみつのもり

『ひみつの もり』は海のなかをコラージュで表現した美しい絵本。主人公のベンは、初めてもぐった海の神秘にふれて、海の生き物への思いを変えていく。本当に海のなかにいるようで、どうやって作ったんだろうと何度も眺めてしまった。気分は海。少し涼しくなった。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       16枚 1104/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.07.10

思春期

読破ページ数【120】

ちいさな天使とデンジャラス・パイ
ジョーダン・ソーネンブリック著 / 池内 恵訳

 スティーブンは13歳。ドラムが好きで、オール・シティ・高校生・ジャズバンドのドラマーに選ばれ、練習に励んでいる。ところが、5歳の弟ジェフリーが白血病の宣告を受けてから、生活も家族も一変してしまった。一時間半はなれたフィラデルフィアの病院に通うため、母は教師の仕事をやめる。父は殻にとじこもり、スティーブンは、両親から見放された思いと、弟が死んでしまうかもしれない恐怖で落ち込んでいく。そこから、教師や友だちの力をかりながら、成長していく。もう泣き所満載で、最後の20ページは涙がとまりませんでした。

 中でもわたしに突き刺さってきたのは、「ぼくは突然、気づいた。ぼくが病気になっても、母さんはやっぱり同じようにしてくれるだろう。」というスティーブンの言葉。

 この物語のように、癌になってしまうのは、究極の事態だと思うけど、そこまでいかなくても、きょうだいがいるというのは、当人にとっても親にとっても、たいへんなことなのだとあらためて思ったわけです。きょうだいって不思議です。どうしても、問題が目に見えないと放っておいたほうがいいのかなと思ってしまうけど、いくつになっても甘えたいときはあるはず。息子はあまり家では話さないほうだったので、放っておいたけど、結構苦労していたということを、中学校の卒業前に、友だちのお母さんから聞いてびっくりしたことがありました。いま娘は、まともにわたしに不満をぶつけてくるので、うっとおしいとときどき思ってしまったことを、この本を読んで反省しました。と同時にやっぱり息子も苦労していたんだと思いいたったわけです。わたし自身長女で、弟や妹優先で放っておかれたときに、むかっときたことがあったはずなのに、あのころの記憶がまったくないのが不思議なくらい。中学生のころは、自分自身しか見えないところから、いろいろな人間がいることに気がついていく時期なのだなと思いました。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       14枚 1088/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.06

暑いような寒いような

読破ページ数【90】

ピッピ、南の島で大かつやく
アストリッド・リンドグレーン作 / イングリッド・ニイマン絵 / いしい としこ訳

 なんだかじめじめとすっきりしないお天気。そんなときは、ポップな絵本になった、長くつ下のピッピの絵本第2弾。お父さんが迎えにきて、ピッピとともに、トミーとアニカのきょうだいも南の島にでかけます。真珠どろぼうをやっつけたり、島で子どもたちだけですごしたりと、楽しいことがいっぱい!
 あぁ、いいなぁ。ピッピのミュージカルも再演されるのですね。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       20枚 1074/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.04

ラプンツェル

読破ページ数【70】

ラプンツェル
グリム原作 / グリム原作 / バーナデット・ワッツ文・絵 / 福本 友美子訳

 わたし、ずーっと、ラプンツェルというのはメキャベツのことだと思っていたのですが、この絵本の絵をみると、青い花の咲いた草のような感じ。調べてみたら「ノヂシャ」と訳されることが多いと知りました。こちらの写真をみると、たしかに可憐な青い花。サラダで食べるのですね。

 妊娠中って、妙なもの食べたくなります。わたしの場合は、桃の缶詰でした。つわりのときは、それしか口にはいらなくて、買い置きしていました。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       12枚 1054/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.01

期末試験

読破ページ数【30】

 頭がよくなるメニューを参考に。

合格!受験生レシピ
中川 八郎監修

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       21枚 1042/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »