« つかの間の晴れ間 | トップページ | オオカミと少年の絆 »

2006.07.26

気になる本

読破ページ数【17】

 主に「指輪物語」「ゲド戦記」「ナルニア国ものがたり」についての論考。ヨーロッパの伝説や神話がそれぞれの物語に与えた影響について、興味深く読んだ。特に「指輪物語」と「ナルニア国ものがたり」との対比はおもしろかった。『物語る力』(シーラ・イーゴフ著)についても賛同の意見が述べられている。ちょうど読みたいと思っていたので、ますます読みたくなった。でも近所の図書館にないなぁ。うう、買ってしまおうか(でも高いなぁ)、思案中。

 気になる本。いつになったら読めるだろうか。

オンライン書店ビーケーワン:虎の弟子 オンライン書店ビーケーワン:乱鴉の島 オンライン書店ビーケーワン:うつし世の乱歩 オンライン書店ビーケーワン:ベイビー・ラブ オンライン書店ビーケーワン:淑やかな悪夢

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す          8枚 1134/2000

|

« つかの間の晴れ間 | トップページ | オオカミと少年の絆 »

一般書」カテゴリの記事

気になる本」カテゴリの記事

コメント

ぎねびあさん

 おお、図書館にあったのですね。県立図書館にあるのは確認したので、まだ迷ってます。県立図書館のカードどこにやったか覚えてない……。

投稿: 蒼子 | 2006.07.26 22:43

マイ図書館にあったので、思わず予約を入れてしまいました、『物語る力』。たしかに高いですね。1ページもめくらずに返却期限になる事態だけは避けたい……。

投稿: ぎねびあ | 2006.07.26 20:45

Gelsominaさん

 こんにちは。Gelsominaさんもおすすめなんですね。『物語る力』と『淑やかな悪夢』。これはぜひ読まなくては。

投稿: 蒼子 | 2006.07.26 11:35

こんにちは、蒼子さん
『物語る力』、ずいぶん以前に読んだのですが、よかったという記憶があります。また読み返してみたくなりました。
 あ、それから、気になる本の『淑やかな悪夢』、大好きです〜。8月末に創元推理文庫から出るようですよ。

投稿: Gelsomina | 2006.07.26 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になる本:

« つかの間の晴れ間 | トップページ | オオカミと少年の絆 »