« サッカーはよくわからないけど | トップページ | 現代社会のなかの魔法使い »

2006.08.29

アナザーノート

読破ページ数【10】

DEATH NOTE
大場 つぐみ原作 / 小畑 健原作 / 西尾 維新著

 帰省したり、パソコン不調などで、ご無沙汰してしまいました。暑くて(言い訳)仕事はカメの歩み。でもこれは書いておきたい。
 「ダ・ヴィンチ 2006年9月号」で西尾維新のインタビューを読んで、どうしても読みたくなり、映画は観にいけそうにないので、『DEATH NOTE アナザーノート』を購入。原作読んでいないとちょっときびしいかもしれない。わたしはすっかりだまされました。
 原作に南空ナオミが初代Lと出会ったきっかけとして名前がでてきた「ロサンゼルスBB連続殺人事件」の顛末をメロが語る。と聞いたらやっぱり読みたくなります。
 西尾維新、初めて読んだけど、なかなかおもしろかった。メロが語り手というのがよいです。本編のメロとはちょっとイメージ違うけど、この事件を語らせるならやっぱりニアでなくてメロなんだなという納得できる結末だった。装丁も美しくていいなぁ。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す          15枚 1209/2000

|

« サッカーはよくわからないけど | トップページ | 現代社会のなかの魔法使い »

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

青縁眼鏡さん

 うん、うん、ぜひ~。

投稿: 蒼子 | 2006.08.30 17:16

蒼子さん

 うわあ、わたしも読みたいです! 息子に買ってもらおうっと。

投稿: 青縁眼鏡 | 2006.08.29 23:16

りりさん

 えらい。わたしもどんでん返しはあると思って読んでいたけど、ああくるとは思っていなかった。たしかに対象年齢高いかもしれないですね。

『×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル』も買ってしまったのですが、こっちは原作知らないので、まだ読んでいないです。この2冊、出版社がちがうのに、ここまで装丁そろえて、なかなか面白い試みですね。

投稿: 蒼子 | 2006.08.29 20:54

わたしはだまされなかった^^;
ただし、それは最後になにかどんでん返しがあるって知ってたからだと思います。最初からいろいろ疑って読んでた。

でもこれ、うちのRにはまだ早い感じがして読ませなかったです。
本編よりちょっと対象年齢層高い(ていうか幅が狭い)感じ。
ティーン向けかなー
ナオミと竜崎のかけあいは面白いけどねー
殺人トリック的にはお遊びだしねー

もろもろ含め、本編読んでない人には、ほんと、キビシイですね。そんな人読まないとは思うけど。


投稿: りり | 2006.08.29 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナザーノート:

« サッカーはよくわからないけど | トップページ | 現代社会のなかの魔法使い »