« 時間がほしい | トップページ | 最近読んだ本 »

2006.10.31

取扱い注意

読破ページ数【10】

ボトルネック
米沢 穂信著

 
 高校1年生のリョウは、2年たってようやく恋人が死んだ場所に立つことができた。崖から落ちたのだった。リョウはそこで眩暈に襲われ、崖から落ちたと思った。しかし、目覚めたのは住んでいた金沢の公園。自宅に帰るとそこには見知らぬ女がいた。それは生まれなかったはずの姉。リョウは自分が生まれなかった世界に迷い込んでいた。
 なにもかもがそっくりなのに、どこか違う世界。「間違い探し」をしていくうちにたどりついた結論が痛い。うーん、ホラーだったのか。


 以下、ネタバレです。

 が、やはりラストは辛すぎる。中高生の子供をもつ親としては、本当に辛くてしばし呆然としてしまう。
 最後のメールを読んで、リョウにはぶちキレてほしい。パラレルワールドでの経験を元に、リョウが第3、第4の選択肢を見つけ出したのだと信じたい。じゃないと、こっちの世界でもきちんと時間が過ぎていた意味がないと思う(思いたい)。
 ここまで考えて自分のなかでは落ち着きました。読む時期は注意しないと、後をひいてしばらく何も手につかないです。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す          15枚 1496/2000

|

« 時間がほしい | トップページ | 最近読んだ本 »

一般書」カテゴリの記事

コメント

最後の一行は、衝撃的でした。
川守(この子は男の子かな、女の子かな)のところから読み返して、ホラーだと思えて、ようやく本を閉じることができました。

投稿: 蒼子 | 2006.10.31 21:17

このラストのあのひと言は厳しいですよね。流れでいくと、どう決断するかがうっすら透けてみえて、やるせなくなりそうでした。

投稿: さかな | 2006.10.31 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取扱い注意:

« 時間がほしい | トップページ | 最近読んだ本 »