« 現代社会のなかの魔法使い | トップページ | 賭博師が主人公 »

2006.10.02

切ない想い

読破ページ数【10】

銀の犬
光原 百合〔著〕

 ああ、気がついたら1か月近く書いてませんでした。

 ケルトの民話をもとにした美しいファンタジー。あるべき様からはずれたものを、行くべきところへと導く、祓いの楽人(バルド)。声のない祓いの楽人オシアンと、その連れのブランが登場する5つの短編です。
 途中からからんでくる、獣使いの呪い師ヒューと相棒の黒猫のトリヤムーアもなかなかよいです。オシアンとブランの関係も気になるし。続編を期待したいです。
 5つのお話は、みな想いを残して死んでしまったものたちの物語。表題作の「銀の犬」は、子供のころから育ててきた犬に殺されてしまった新婚の妻。切ない想いが胸にしみる。妖精との恋を描いた「恋を歌うもの」も美しいです。
 参考図書の筆頭に『クリスタル☆ドラゴン』(あしべゆうほ作/ミステリーボニータでまだ連載中!)があるのに納得。「水底の街」は、唯一買ってうちにある外伝『風の呪歌―ガルドル―』をモチーフにしたのでしょうね。思わず読み返してしまいました。『クリスタル☆ドラゴン』本編のほうは、もうわからなくなっています。途中も抜けてるし。いま何巻まであるんでしょう。
 獣を相棒に、妖魔など災いを取り除く、獣使いの呪い師というのも興味深いです。吟遊詩人や楽人のことがちょっとわかった気がしました。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す          120枚 1369/2000

|

« 現代社会のなかの魔法使い | トップページ | 賭博師が主人公 »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

さかなさん

 ありがとうございます。ほっこりもしますね~。

投稿: 蒼子 | 2006.11.06 21:10

読みました。やさしい描き方でしんみりしつつもほっこりしたり、おもしろかったです。

投稿: さかな | 2006.11.06 20:04

さかなさん

 いいですよ。ぜひぜひ。

投稿: 蒼子 | 2006.10.02 20:51

わぁ、おもしろそう! 読んでみますね。光原百合さんは、蒼子さんに教えていただいた作家なので、読むたびに蒼子さん、ありがとうと思っています。

壁紙も秋らしくてすてき~。

投稿: さかな | 2006.10.02 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 切ない想い:

« 現代社会のなかの魔法使い | トップページ | 賭博師が主人公 »