« 開口一番 | トップページ | 気息奄々 »

2007.02.27

知勇兼備

読破ページ数【10】

□読んだ本

オンライン書店ビーケーワン:チャリオンの影 上 オンライン書店ビーケーワン:チャリオンの影 下

『チャリオンの影 上・下』ロイス・マクマスター・ビジョルド著 鍛治靖子訳

 中世スペインをモデルとした異世界を舞台としたファンタジィ。姫神、母神、御子神、父神、庶子神の五柱の神々を信仰するチャリオン。隣国は庶子神を魔とみなし、四神教を信仰していて争いが絶えない。
 主人公カザリルは、戦後の捕虜引き渡しの手違いからガレー船に奴隷として売られ、身も心もぼろぼろになってようやく解放された。なんとか故郷に戻ったカザリルは、若い頃小姓として仕えたバオシア藩妃を頼った。そこで藩妃の孫娘にして、チャリオン国姫イセーレの家令として使えることになる。穏やかな日々で身体を癒していたが、間もなくイセーレの異母兄であり、チャリオン国主でもあるオリコから知らせが届く。子供ができないオリコは、とうとう後継ぎとして、イセーレの弟をたてることを決意したのだった。弟とともにイセーレも王城に呼び寄せられ、カザリルも家令として同行することになった。その宮廷は陰謀と先代からの呪いが渦巻く危険な場所だった。
 神々に翻弄されながら、へろへろのカザリルが活躍します。しかしなんといってもお姫さまであるイセーレとその侍女ベトリスがかわいくて、かっこいい。一を見て十を知るようなイセーレは、カザリルからどんどん駆け引きの方法を学んでいってしまう。
 五神教と四神教の対立という構図や、細部まで考えこまれた設定もなかなか興味深いです。
 2002年ミソピーイク賞受賞作品。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す          15枚 1931/2000

|

« 開口一番 | トップページ | 気息奄々 »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知勇兼備:

« 開口一番 | トップページ | 気息奄々 »