« 意在言外 | トップページ | 5月に読んだ本 »

2007.05.30

遠慮会釈

読破ページ数【20】

 

図書館戦争』につづく「図書館戦争」シリーズ2作目。メディア良化委員会による超法規検閲と戦う図書特殊部隊に配属された笠原郁。目下の悩みは両親が勤め先の図書館の見学にくること。戦闘職種であることはまだ両親にはいっていない。両親をうまくごまかすことができるか!

 他に図書館内部の抗争と、登場人物たちの恋が描かれている。そのエピソードのひとつに、『レインツリーの国』という本が登場する。それが実際に別の版元から出版されている。

 こちらはロマンス。伸はある日、昔夢中になって読みその結末が気になっていた本の感想をブログで見つける。その本の感想に共感した伸は、ブログ「レインツリーの国」に記載してあるメールアドレスにメールを出す。ブログに感想を書いていたひとみから、期待していなかった返事がきた。そうして本をきっかけにメールのやりとりが始まった。伸はさまざまなことをメールでやりとりするうちに、実際に会って話がしたいという気持ちが押さえきれなくなり……。

 6月9日、NHKラジオドラマで放送予定。

 どちらもいろいろと考えさせられた。レファレンスについては勉強になった。
 人に対する思いやりを、みんなが少しずつもてるといいのになと思う。無関心でいてはいけない、考えることをやめてはいけないと自戒してしまう。ところで、なんでこんなところで終わるの~『図書館内乱』。『図書館危機』を早く読みたいよ~。

|

« 意在言外 | トップページ | 5月に読んだ本 »

一般書」カテゴリの記事

SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠慮会釈:

« 意在言外 | トップページ | 5月に読んだ本 »