« 気になる新刊 | トップページ | 8月に読んだ本 »

2007.08.28

輾転反側

読破ページ数【29】

 グレアム・ジョイスのヤングアダルト向け作品、 "TWOC" と "Do the Creepy Thing" がおもしろかったので、一般向けの『鎮魂歌』を読んだ。

 妻を亡くしたトムは、教師をやめて、女友達のいるエルサレムへと旅立った。そこは亡き妻ケイティーがかねがね行きたがっていたところだった。トムはそこでも自分にまとわりつく幻想にまどわされていく。

 現実と幻想が錯綜していくところはホラーのよう。いろいろ詰まっていて、後半からぐいぐい読まされたのだけど、ちょっと最後が物足りない。"Do the Creepy Thing" のほうがおもしろかったなぁ。
 キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の聖地であるエルサレムの描写は、勉強になった。

|

« 気になる新刊 | トップページ | 8月に読んだ本 »

ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輾転反側:

« 気になる新刊 | トップページ | 8月に読んだ本 »