« 雨過天晴 | トップページ | 9月に読んだ本 »

2007.09.27

海誓山盟

読破ページ数【20】

 ラークライト 伝説の宇宙海賊 フィリップ・リーヴ作 デイヴィッド・ワイアット画 松山美保訳 理論社

 舞台は、ヴィクトリア女王が君臨する大英帝国、時は第1回万国博覧会がひらかれた1851年。ただし、錬金術師(!)のアイザック・ニュートンが発明した錬金術エンジンのおかげで、人類は惑星間を宇宙船で行き来している世界だ。アーサーは、父と姉のマートルとともに、月の北側に浮かぶ家〈ラークライト〉で暮らしている。母は3年前に地球に向かう途中で行方不明になり、死んだと思われていた。
 そんなある日、ラークライトにお客がやってくることになった。父の研究を見たいというのだ。来客などめったにないので、マートルとアーサーはわくわくしていた。ところが現われたのは巨大なクモで、あっという間に父さんは糸にからめとられてしまった。「マートルを守れ」という父さんの最後の言葉をうけて、アーサーは必死で姉をつれて脱出し、月に不時着した。危機に陥ったふたりを助けてくれたのは、悪名高き宇宙海賊ジャック・ハボットだった。ふたりの運命はいかに……。

 19世紀の英国の香りをただよわせながら、惑星間を船で移動する冒険物語。人間以外の生物たちもたくさん登場する。パンくずなどを食べてくれる木星の生き物、ホバーホグがうちにもほしいな(匂いは困るけど)。このような不思議な生き物や異星人も登場して、さまざまな愛について考えさせられた。
 月、火星、金星、木星、土星と移動し、それぞれの描写もおもしろかった。映画化も決まっているらしい。続編は"Starcross"。

◆フィリップ・リーヴ読了本感想
移動都市

|

« 雨過天晴 | トップページ | 9月に読んだ本 »

SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海誓山盟:

« 雨過天晴 | トップページ | 9月に読んだ本 »