« 寸善尺魔 | トップページ | 10月に読んだ本 »

2007.10.27

温厚篤実

読破ページ数【20】

『遠まわりする雛』 米澤穂信作 角川書店(2007.10)

「古典部」シリーズ4作目の短編集。既刊『氷菓』『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番 「十文字」事件』の話題がちょろちょろでてくるので、順番どおり読めばよかったとちょっぴり後悔。でもおもしろかった。
 神山高校を舞台に、日常の謎をあつかう青春ミステリ。こういう青春ものを読んでいると、いままでは自分の過去と重ね合わせて、懐かしさを感じながら読んでいたのだけど、これはどうも現在高校生の息子と重ね合わせてしまっていけない(別に登場人物の誰かに似ているわけではないのだが)。7篇中6篇は雑誌で既出だが、最後の書き下ろし「遠まわりする雛」が、特によかった。ええ~、これからどうなるって感じで先が気になる。それにこれは情景が目の前に思い浮かぶんだよなぁ。
「小市民」シリーズと同じくらい先が気になる。まずは既刊を読まなくては。

◆米澤穂信、読了本の感想
インシテミル
夏期限定トロピカルパフェ
ボトルネック

|

« 寸善尺魔 | トップページ | 10月に読んだ本 »

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温厚篤実:

« 寸善尺魔 | トップページ | 10月に読んだ本 »