« 外寛内明 | トップページ | 11月に読んだ本 »

2007.11.27

疑心暗鬼

読破ページ数【146】


『愚者のエンドロール』米澤穂信作 角川スニーカー文庫(2002.08)

はまってしまった。文化祭に出品する、2年F組が製作したビデオ映画の試写会にでかけた古典部の4人。しかしその映画は脚本の担当者が病気で倒れたため、未完だった。ミステリ映画の結末を考えてほしいという依頼に、古典部は……。

 なかなかおもしろかった。やっぱり順番どおりに読めばよかった。

◆米澤穂信、読了本の感想
氷菓
遠まわりする雛
インシテミル
夏期限定トロピカルパフェ
ボトルネック

|

« 外寛内明 | トップページ | 11月に読んだ本 »

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疑心暗鬼:

« 外寛内明 | トップページ | 11月に読んだ本 »