« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007.12.26

変幻自在

読破ページ数【5】

 『ジャッキー、巨人を退治する!』チャールズ・デ・リント作 森下弓子訳 創元推理文庫(1995.12)

 19歳のOLジャッキーは、ボーイフレンドにふられて夜の街をさまよっていた。そこに公園の一角から爆音が。小さな男が9台のハーレーに追いまわされて、殺されてしまった。ハーレーが去ったあと、おそるおそる近づいてみると男の姿は消え、あとには赤い帽子が残っていた。その帽子をかぶると、妖精界が見えるようになる。妖精界はいま危機に瀕していた。古の魔法の歌を預かる姫君が行方不明になっていたのだ。ジャッキーはなりゆきで、姫君奪還に旅立つことになる。

 カナダの都市オタワを舞台にした冒険物語。人間には見えない妖精たちは、時の流れに順応しながら生き延びてきた。なにしろジャッキーの行く手をはばむ、〈死の狩人〉たちは、黒い革ジャンにフルフェイスのヘルメットをかぶってハーレーを駆る、まるで暴走族のような姿。
 ジャッキーの由来も巨人退治のジャック(つまり「ジャックと豆の木」)から。そのほかにもさまざまなおとぎ話の要素がちりばめられている。とってもおもしろかった。

 ケイトははたと口をつぐんだ。まさしくそうだ。そして人間たちが妖精のおとぎ話を集めた時代も、車は知られていなかったのだ。アンドルー・ラングが暴走族で鳴らしたという話はないし、ペローがグランプリで活躍したという記録もない。(174ページ)

 これを読んだあとで、来年アンドルー・ラング童話集が新訳で刊行されることを知りました。
http://www.tsogen.co.jp/np/detail.do?goods_id=3802

 きちんと読んでみたいので、楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.01

11月に読んだ本

読破ページ数【5】

★絵本

ぺーテルとペトラ アストリッド・リンドグレーン文 クリスティーナ・ディーグマン絵 大塚勇三訳 岩波書店(2007.10)
天使のつばさに乗って マイケル・モーパーゴ作 クェンティン・ブレイク画 佐藤見果夢訳 評論社(2007.10)
ぼくは赤ちゃんがほしいの シャーロット・ゾロトウ文 ペネ・デュボア絵 みらいなな訳 童話屋(2007.09)
はこははこ? アントワネット・ポーティス作 中川 ひろたか訳 光村教育図書(2007.10)
ジェイミー・オルークとなぞのプーカ アイルランドのむかしばなし トミー・デ・パオラ再話・絵 福本友美子訳 光村教育図書(2007.09)
わすれんぼうのねこ モグ ジュディス・カー作 斎藤倫子訳 あすなろ書房(2007.10)
うさぎ小学校のえんそく アルベルト・ジクストゥス文 リヒャルト・ハインリヒ絵 はたさわゆうこ訳 徳間書店(2007.10)
ほっきょくのナヌー 氷がとけたら どうなるの? レベッカ・ベインズほか編著 内田久美子訳 日経ナショナルジオグラフィック社(2007.09)
ネコとサカナ 英語版 ジョーン・グラント作 ニール・カーティス絵 アールアイシー出版 (2007.09)
ちきゅう G・ブライアン・カラスさく・え 庄司太一やく 海部宣男監修 偕成社(2007.09)
かがやく星のもとに マティアス・イェシュケ文 ジュリアーノ・フェーリ絵 まつおみつぎ訳 ドン・ボスコ社(2007.09)

★読み物

本泥棒 マークース・ズーサック作 入江真佐子訳 早川書房(2007.07)
影のオンブリア パトリシア・A・マキリップ作 井辻朱美 訳 ハヤカワFT文庫(2005.03)
めぐらし屋 堀江敏幸著 毎日新聞社(2007.04)
氷菓 米澤穂信作 角川文庫(2001.11)
愚者のエンドロール 米澤穂信作 角川文庫(2002.08)
収穫祭 西澤保彦作 幻冬舎(2007.07)
エノーラ・ホームズの事件簿 ~消えた公爵家の子息~ ナンシー・スプリンガ-作 杉田七重訳 小学館(2007.10)
名探偵アガサ&オービル ファイル3 伝説の殺人鬼 ローラ・J・バーンズ&メリンダ・メッツ作 金原瑞人・小林みき共訳 文溪堂(2007.08)
曲芸師ハリドン ヤコブ・ヴェゲリウス作 菱木晃子訳 あすなろ書房(2007.08)
花になった子どもたち ジャネット・テーラー・ライル作 市川里美画 多賀京子訳 福音館書店(2007.11)
文章のみがき方 辰濃和男著 岩波新書(2007.10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »