« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.31

1月に読んだ本

読破ページ数【30】

 いろいろととっちらかっていて、なかなか本の感想が書けません。忘れないように一言メモだけでも。

 ※書名をクリックするとbk1に飛びます。

★絵本

かわいい サルマ アフリカの あかずきんちゃん ニキ・ダリー作 さくまゆみこ訳 光村教育図書(2008.01)
 アフリカ版赤ずきんちゃん。なかなか面白いです。

きんようびはいつも ダン・ヤッカリーノ作 青山南訳 ほるぷ出版(2007.12)

そのまたまえには アラン・アルバーグ文 ブルース・イングマン絵 福本友美子訳 小学館(2007.12)
 昔話の主人公たち、お話がはじまる前には何をしていたか。

タトゥとパトゥのへんてこマシン アイノ・ハブカイネン、サミ・トイボネン文・絵 いながきみはる訳 偕成社(2007.10)
 愉快な発明が満載。

ヘレンのクリスマス ナタリー・キンジー=ワーノック文 メアリー・アゼアリアン絵 千葉茂樹訳 BL出版(2007.11) 1.19

クリスマス バーバラ・クーニー作 安藤紀子訳 長崎出版(2007.11)

パンプキン ケン・ロビンズ写真・文 千葉茂樹訳 BL出版(2007.10)

どんなにきみがすきだかあててごらん ~ふゆの おはなし~ サム・マクブラットニィ文 アニタ・ジェラーム絵 小川 仁央訳 評論社(2007.09)


★読み物

影の棲む城) ロイス・マクマスター・ビジョルド作 鍛治靖子訳 東京創元社(2008.01)
〈五神教〉シリーズの2作目。国太后イスタが主人公。読み出したらとまらないおもしろさ。登場人物がみんな濃いです。
 2004年ヒューゴー賞、ローカス賞、2005年ネビュラ賞受賞作。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ短編集 魔法!魔法!魔法! ダイアナ・ウィン・ジョーンズ作 野口絵美訳 徳間書店(2007.12)
 短編集2冊分。ジョーンズの子ども時代を書いたエッセイもあります。

スターダスト ニール・ゲイマン作 金原瑞人訳 角川書店(角川文庫)(2007.09)
 愛する人のために落ちた星を探しに、妖精の国に出かけた青年。その星を狙うものはほかにもいて……。

バージャック―メソポタミアン・ブルーの影 SFサイード作 金原瑞人・相山夏奏訳 偕成社(2008.01)
 2003年ネスレ子どもの本賞(旧スマーティーズ賞)6~8歳部門金賞作品。由緒正しい猫、メソポタミアン・ブルーの一族は、丘の上伯爵夫人の家で何不自由なく暮らしていた。バージャック・ポーだけは外の世界にあこがれていた。一族の危機に、バージャックは外の世界へでていく。冒険がはじまった。

形見函と王妃の時計 アレン・カーズワイル作 大島豊訳 東京創元社(2004.07)
 『驚異の発明家の形見函』との姉妹篇。あわせて読むと楽しさ倍増です。すごい。唸りました。こちらの主人公はニューヨーク公立図書館の司書。図書館職員の描写が興味深いです。「図書館戦争」シリーズを思い出しました。

道化の死 ナイオ・マーシュ作 清野泉訳 国書刊行会(2007.11)
 衆人環視のもとで男が首を切り落とされて殺された!

ロジャー・マーガトロイドのしわざ ギルバート・アデア作 松本依子訳 早川書房(2008.01)
 クリスティへのオマージュでありパロディ。クリスマスに集まった田舎の邸宅で起きた殺人事件。しかし吹雪に閉ざされて警察とは連絡がとれない。近所にすむ引退したスコットランド・ヤードの警部にきてもらうが。おもしろかった~。

女王国の城 有栖川有栖作 東京創元社(2007.09)
 『双頭の悪魔』を読んだのは、12、3年前なので、15年ほどではないですが、待望の1冊でした。「学生アリス」ものは、読んでいて切なくなります。作品の舞台はバブルがはじける直前。実際の時の流れが重なって不思議な気がしました。魅力的な謎と美しい解決を堪能しました。
「活字倶楽部」2008年冬号に有栖川さんのインタビューがあり、この作品について語っています。とてもおもしろかったです。夏にはまた「安楽椅子探偵」が放映されるそうです!

倒立する塔の殺人 皆川博子作 理論社(2007.11)
 戦時下の女子高で起こった事件。本好き、乱歩好きにおすすめ! 懐かしい感じがするミステリ。

シーソー ティモ・パルヴェラ作 ヴィルピ・タルヴィティエ絵 古市真由美訳 ランダムハウス講談社(2007.12)
 深い物語。

しずるさんと無言の姫君たち 上遠野浩平作 富士見書房(2006.12)
 安楽椅子探偵でした~

英文の読み方 行方昭夫著 岩波書店(岩波新書)(2007.05)
 大変勉強になりました。何度も読み直さないと(^^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

12月に読んだ本

読破ページ数【10】

 昨年中はお世話になりました。
 今年もよろしくお願いします。

★絵本

ソルビム 2 男の子編 お正月の晴れ着 ペ・ヒョンジュ絵と文 ピョン・キジャ訳 セーラー出版(2007.11)
マリーの お人形 ルイーズ・ファティオ文 ロジャー・デュボアザン絵 江國香織訳 BL出版(2007.09)
おじいちゃんがだっこしてくれたよ シャーロット・ゾロトウ文 ペネ・デュボア絵 みらいなな訳 童話屋(2007.09)
アンジェリーナのハロウィーン キャサリン・ホラバード文  ヘレン・クレイグ絵  おかだよしえ訳 講談社(2007.09)
メリークリスマスおさるのジョージ M・レイ、H・A・レイ原作 キャシー・ハプカ文 メアリー・オキーフ・ヤング絵 福本友美子訳 岩波書店(2007.11)
きみがうちにくるまえ… マリベス・ボルツ作 木坂涼訳 あすなろ書房(2007.12)
ひとりぼっち? フィリップ・ヴェヒター作・絵 アーサー・ビナード訳 徳間書店(2007.11)

★読み物

ジャッキー、巨人を退治する! チャールズ・デ・リント作 森下弓子訳 創元推理文庫(1995.12初版、2001.10再版)
現実入門  ほんとにみんなこんなことを? 穂村弘著 光文社(2005.03)
本当はちがうんだ日記 穂村弘著 集英社(2005.06)
驚異の発明家の形見函 アレン・カーズワイル作 大島豊訳 東京創元社(2003.01)
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々〔3〕タイタンの呪い リック・リオーダン作 金原瑞人・小林みき訳 ほるぷ出版(2007.12)
白いキリンを追って ローレン・セントジョン作 さくまゆみこ訳 あすなろ書房(2007.12)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »