« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008.04.14

高いところからながめると

読破ページ数【60】

つぐみ通りのトーベ ビルイット・ロン作 佐伯愛子訳 徳間書店(2008.03)

 トーベは小学2年生の女の子。最近学校にいくのがちょっと憂鬱です。いちばん仲良しのエンマが別の子と仲良くしはじめたからです。エンマの誕生会で、また仲良くできたらなと思いながら、プレゼントを選びました。
 エンマの誕生会にはクラスじゅうの女の子が呼ばれています。トーベはお父さんの車で送ってもらいました。着いてみるとみんなふわふわしたきれいなワンピースを着ています。デニムのスカートできてしまったトーベは、はずかしくなりました。プレゼントもあまり喜んでもらえません。そして、ある失敗をしてしまい、いたたまれなくなったトーベは黙ってエンマの家を飛び出してきてしまいました。
 バスで帰ればいいと思ってちょうどきたバスに乗ったものの、どうやら違う方向のバスだったようです。ちっとも見覚えのある風景になりません。怖くなったトーベはバスを降りました。やっぱりどこだかわかりません。そこで大きな木に登って、家をさがしてみようと思い、白樺の木に登りはじめましたが……。

 友だちとも興味のあるところがちがってきたり、男の子のことが気になりはじめたりする時期です。そして、これはスウェーデンのお話。日本とは違う習慣もあるけれど、トーベの悩みや考え方は日本の子供たちも共感しやすいと思います。行動範囲や友だちの範囲もひろがるなかで、トーベがちょっぴり成長していくようすがみずみずしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.08

杖のひとふりで

読破ページ数【30】

おせっかいなゴッドマザー シャンナ・スウェンドソン著 今泉敦子訳 東京創元社(2008.03)

▽シリーズものなので、既刊のネタバレ含みます▽

◆「(株)魔法製作所」シリーズ感想
ニューヨークの魔法使い
赤い靴の誘惑

 というわけで3巻。ようやく初デートとあいなったケイティ。待ち合わせ場所にいくとそこにあらわれたのは、どうみても時代遅れのフェアリーゴッドマザー。これまでの人生でいちばん必要ないと思われるいま、なぜあらわれる。彼とは問題なくうまくいっているからと、心配無用とことわったけれど、会社のほうでも問題がおこってデートはお流れ。

 なぜか間の悪いタイミングでつきまとうフェアリーゴッドマザーに、前作ではっきりした敵は、あらたな資金源を得て新しい戦略でせめてくる。ケイティに悩みはつきません。
 いやぁ、やっぱりおもしろい! 「眠り姫タイプかシンデレラタイプか」なんて、おもわずにやにやしてしまいます。現代のニューヨークに魔法をうまく共存させていて無理がない。これまでの伏線もうまくつかってあって、うまいなあと思います。脇役も魅力的でいろいろな読み方ができるところもいいです。

 そして最後に転機が……。ああ、はやく続編を~~、と叫びそうになりました。

 新学期がはじまったばかりで、もうへろへろですが、これでなんとか4月を乗り切れそうなくらいエネルギーチャージできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.03

3月に読んだ本

読破ページ数【30】

 なんだかあっという間に今年も4分の1が終わってしまいました……。何ひとつ予定どおりに終わらない(>_<)。

 ※書名をクリックするとbk1か感想に飛びます。

★絵本

エラと『眠れる森の美女』 エラは小さなバレリーナ ジェイムズ・メイヒュー作 灰島かり訳 小学館(2007.03)

こんなしっぽでなにするの? スティーブ・ジェンキンズ・ロビン・ペイジ共作 佐藤見果夢訳 評論社(2007.02)

ちびまるのぼうけん―目の見えない子も見える子もみんなで楽しめる絵本 フィリップ・ヌート作 山内清子訳 偕成社(1981.03初版 2007.10改訂版)

車りんのウィリー エリック・チェン作 みはらいずみ訳 コンセル(2006.08)


★読み物

物語が生きる力を育てる 脇明子著 岩波書店(2008.01)

魔使いの秘密 ジョゼフ・ディレイニー作 金原瑞人・田中亜希子訳 東京創元社(2008.02)

ミミズクと夜の王 紅玉いづき作 メディアワークス電撃文庫(2007.02)

マイカのこうのとり ベンノー・プルードラ作 上田真而子訳 いせひでこ絵 岩波書店(2008.02)

犯罪ホロスコープ 1 六人の女王の問題 法月綸太郎著 光文社(2008.01)

GOSICKS III ――ゴシックエス・秋の花の思い出―― 桜庭一樹作 富士見書房(2007.04)

チャーリー・ボーンの冒険5 王の森のふしぎな木 ジェニー・ニモ作 田中薫子訳 徳間書店(2008.01)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »