« におい | トップページ | 5月に読んだ本 »

2008.05.28

仲良し

読破ページ数【30】

バレエなんて、きらい ジェニファー・リチャード・ジェイコブソン作 武富博子訳 講談社 (2008.03)

 小学3年生のウィニーはお父さんとふたり暮し。でも小さいときからいつもいっしょにすごしているヴァネッサとゾーイという友だちがいるので、毎日楽しくすごしています。ところが、学校でバレエ教室が開かれることになり、ヴァネッサとゾーイは大はりきり。バレエに興味がもてないウィニーとふたりとの距離ができてしまいまいます。

 3人というのは、微妙な数字。うまくいっているときは、すごい力を発揮するけど、ひとたびこじれるとなかなかたいへんなのは、日本でも、大人になってからでも同じようです。微妙にゆれるウィニーの感情がすなおに描かれていて共感できます。3人がたどりついた解決方法もすてきですし、ウィニーのお父さんがうまくフォローしていてとってもよかったです。

|

« におい | トップページ | 5月に読んだ本 »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仲良し:

» バレエなんて、きらい [POCO A POCO]
中学年くらいの女の子によんでほしい物語です。 パパと二人で暮らしているウィニーは3年生の女の子。ウィニーには、仲良しの友達がいました。小さい頃から一緒だったゾーイと、3年前にウィニーの住む建物に引っ越してきたヴァネッサといっしょに、毎日なにかしらおそろい...... [続きを読む]

受信: 2008.05.28 17:03

« におい | トップページ | 5月に読んだ本 »