« all that jazz | トップページ | 6月に読んだ本 »

2008.06.30

目眩? 眩惑?

読破ページ数【40】


『ブラック・ジュース』 マーゴ・ラナガン作 佐田千織訳 河出書房新社(2008.05)
・2006年マイケル・L・プリンツ賞オナーブック
・2005年オーストラリア児童図書賞 Older Readers 部門候補作
・2005年世界幻想文学大賞短編部門短編部門受賞

 これまでに色のついた短編集を3冊だしているマーゴ・ラナガン初の邦訳。短編集第1作が"White Spikes"(1999)、第2作が本書"Black Juice"(2005)、第3作の"Red Spikes" (2006)は2007年オーストラリア児童図書賞 Older Readers 部門を受賞し、2007世界幻想文学大賞コレクション(Collection)部門候補作となってます。

 なんだか状況がわからないまま、語り手にぐっと引き寄せられてしまう。かなりグロテスクな描写もあるけど、不快な読後感ではなく、どこかつきぬけているところが不思議。なんというか足元が不安定になる感じ。目眩がしそうだけどやめられない。最後の謝辞にある作品のできたきっかけがおもしろい。

「沈んでいく姉さんを送る歌」Singing My Sister Down
 刑罰でタール池に沈められる姉を見送る弟が語り手。原書で読んだときは、本当にタール池に沈んでいくのかなあと不安だった。読み間違えているんじゃないかと思って(^^;)。邦訳の表紙の絵にもなっている作品。前にテレビで天然のタール池を見た記憶がよみがえってしまい……。

「わが旦那様」My Lord's Man
 中世ヨーロッパ風の世界で、逃げだした領主の妻を追う旦那さまに従う忠臣が語り手。これも語り手の感情にひきこまれる。

「赤鼻の日」Red Nose Day
 道化師ばかりの町で、道化師を狙撃する男が語り手。状況はなにも説明されていないのだけど、印象にのこる作品。

「愛しいピピット」Sweet Pippit
 象が語り手。飼育係をたすけるために、像たちが脱走する。これが一番わかりやすいかも。ラストの描写が好きだなぁ。

「大勢の家」House of the Many
 人里はなれた集団の中で育ち、文明社会に旅立つ少年が語り手。

「融通のきかない花嫁」Wooden Bride
 花嫁学校の卒業礼拝なのかな。迷子になって遅刻してしまう花嫁さんが語り手。教会が見えているのにたどりつけないいらだたしさにやきもきしてしまう。

「俗世の働き手」Earthly Uses
 初出は『SFマガジン606号』掲載(「地上の働き手」市田泉訳)。天使の造形が印象的。祖父母に育てられた少年が語り手。祖母が死にそうになり祖父に天使をさがしてこいといわれるが、この天使がすさまじい。

「無窮の光」Perpetual Light
 近未来のオーストラリアらしいところが舞台。祖母の葬式にでかける女性が語り手。空気も汚染されていて、外出するのがかなり大変な世界。

「ヨウリンイン」Yowlinin
 ヨウリンインという怪物に脅えている世界。以前襲われたときに生きのこったために差別されている少女が語り手。怪物が……。

「春の儀式」Rite of Spring
 病に倒れた弟に代わって、春をよぶ儀式を執り行なうことになった兄が語り手。儀式の描写が印象的だった。

|

« all that jazz | トップページ | 6月に読んだ本 »

ヤングアダルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目眩? 眩惑?:

« all that jazz | トップページ | 6月に読んだ本 »