« 存在証明 | トップページ | 7月に読んだ本 »

2008.07.29

夏だもの、海!

読破ページ数【30】

『秘密の島のニム』 ウェンディー・オルー作 田中亜希子訳 あすなろ書房(2008.07)

 夏らしく、わくわくする冒険物語。
 ニムは南海の孤島でお父さんとふたりでくらしている女の子。お母さんは行方不明になり、誰も知らない島でお父さんはニムを育てることにしたのだ。あるときお父さんは3日の予定でプランクトンの研究にでかけた。そのあいだニムはひとりでお留守番。ニムはお父さん宛てにきたメールに返事をして、あこがれの作家とメールのやりとりをすることになった。ところがアクシデントがあって、約束の時間がすぎてもお父さんが帰って来ない。手紙が届いて無事なのはわかったが、もう少しひとりでがんばらないといけなくなって……。

 南海の孤島にあらしに火山の噴火と冒険物語の要素満載。パソコンもメールも使えるところは現代風。おまけに大人がロマンスとして読んでもちょっとどきどきしてしまう(^^)。親子で楽しめる、夏休みの読書にぴったりの1冊。
 9月から全国ロードショーとなる映画『幸せの1ページ』の原作です。
映画『幸せの1ページ』公式サイト

|

« 存在証明 | トップページ | 7月に読んだ本 »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏だもの、海!:

« 存在証明 | トップページ | 7月に読んだ本 »